高句麗・広開土王碑(好太王碑)

 広開土王碑は、北朝鮮と中国の国境を流れる鴨緑江の中流、高句麗の古都・集安の近郊に建つ碑で、建立者は広開土王の子・長寿王である。広開土王は正式名「国岡上広開土境平安好太王」。碑文によれば始祖から数えて17世孫(三国史記その他の年表では第19代)で在位は391年〜412年。私見の応神天皇の在位とほぼ重なる。(因みに子の長寿王は在位412年〜491年で、この統治80年というのは造作の感があるが、他の歴代の王たちはいずれも有り得る在位年なので、王朝年代引き延ばしのための創作というわけではなさそうである)

 碑文によれば建立年月日は甲寅(西暦414年)9月29日で、長寿王が先王である広開土王の偉業をたたえるために立てたとある(碑文では漢文で「勲績を銘記して、以って後世に示さん」)。
 しかしその一方で、地下の神(黄泉神)に対しての「買地券」という性格もあり、古代の習俗が垣間見える民俗的な碑文という一面もあることに留意する必要がある。

 また30年余り前、在日朝鮮人学者により、日本陸軍の「碑文改ざん説」が声高に唱えられたことがあったが、ここ10年来の研究、なかんずく頻繁な現地調査(碑面と拓本の両面)の可能な中国人学者の研究によって「改ざん説」は否定されている。

 いずれにしても半島史料としては飛びぬけて古い文書(金石文)の価値はすこぶる高い。
 ここでは、倭人に関係ある部分のみを解読する。


  百残・新羅、旧(もと)これ属民にして、由って来たりて朝貢せり。而して、倭、辛卯の年(391年)を以って渡海し、百残・○○・新羅を破り、以って臣民と為しぬ。

  六年丙申(396年)を以って、王みずから水軍を率い
科残国を討てり。軍は○○首、壱八城を攻め取れり。(以下、攻め取った城の名を挙げる。だが18城ではなく、53城ある=省略)
  
  九年己亥(399年)、百残、誓いに違い
倭と和通す。王、平壌に巡化す。而して新羅、遣使して王に白していわく「倭人、その国境に満ち、城池を潰破し、奴客を以って民となしぬ。王に帰して命を請わん

  十年庚子(400年)、歩騎五万を教遣し、往きて新羅を救わしむ。男居城より新羅城に至れば、倭はその中に満てり。官兵、まさに至り、・・(中略)・・、追いて
任那加羅に至り、よりて城を抜く。城はすなわち帰服せり。安羅人戍兵、新羅城○城を抜く。

  十四甲辰(404年)、○倭、軌ならずして
帯方界に侵入す。・・(中略)・・倭寇潰敗し、斬殺すること無数。

  
十七丁未(407年)、歩騎五万を教遣し、・・(中略)・・、斬殺蕩尽し、獲るところの鎧甲は一万余領。軍資器械も数を称うべからず。


(注)
科残国・・・百残国の誤りと思われる。百残国は魏志韓伝にいう「伯済国」のことで、のちの「百済国」である。百済は高句麗の始祖「朱蒙」(高氏。東明聖王。三国史記によると、紀元前37年の即位)の三人の子のひとり「温祚王」が南に逃れて開いたとされる。即位は三国史記によると、紀元前18年。

倭と和通す・・・396年の高句麗による侵攻の結果、百済は倭を離れて、高句麗に臣従することになったが、それは表向きで、やはり倭との通交は確保していた。日本側の文書「日本書紀・応神天皇紀8年条」に、「春三月、百済人来朝す。〔百済記にいう。阿花王、立ちて貴国(=倭国)に礼無し。・・・これを以って王子・直支を天朝(=倭国)に遣わして、以って先王のよしみを修めしむ〕」とあるが、これに対応している。注記にあるのは「和睦のために王子を人質に入れた」ということに他ならない。

王に帰して命を請わん・・・「高句麗王(広開土王)に帰順し、救いの手を請いたい。」と新羅王が依頼した。


任那加羅・・・日本側の文書「日本書紀・垂仁天皇紀2年条」に初登場する「任那王」の「任那」という言葉は、垂仁朝(3世紀末〜4世紀初め)など造作だとする説からすれば、書紀編纂時点で大和王朝がずっと昔からあったということを言うがために古く遡らせたに過ぎない――とされるのだが、この碑にちゃんと彫り込まれているのだから、少なくとも400年の時点では存在していたのは間違いない。
 また、魏志韓伝によれば南部三韓のうちの「弁韓12国」のことである。

安羅人戍兵・・・あらじん・じゅへい。「戍(じゅ)」とは「守る」。安羅の民で兵役に従事した者のこと。安羅は、金海市と釜山市の間から対馬海峡に注ぐ洛東江の中流に流れ込む支流「南江」の南側の、咸安市を中心域とする地方に展開していた任那加羅の一国である。

帯方界・・・言うまでもなく、魏が設置した半島南部支配の最前線だったのが、帯方郡。帯方界とはそこを含む一帯のことで、郡治はすでに無くなっていたため帯方郡とせずに「帯方界」としてある。現在のソウルを含む漢江流域を指している。
 倭軍はこの流域をさらに北上しようとしたのだろう。しかし平原地帯に入ると、高句麗の歩騎五万という陸戦向きの陣容の前に、あえなく大敗を喫してしまったようだ。もちろん高句麗側の言う「五万」とか「潰敗、斬殺無数」という表現は誇大だろうが、水軍力に勝る倭軍も、騎馬による陸戦には全く不慣れであり、敗れたことは間違いない。これ以降、倭人は「騎馬、騎馬戦」を大いに取り入れていったものと思われる。

十七丁未(407年)・・・この年の高句麗遠征が倭人に対するものかどうかは、碑面の崩落が強くて解読不可能なので確実には言えない。ただ、404年の倭軍「潰敗」のあとを受けていると考えるのが順当だろうから、帯方界から倭軍を駆逐したら、地理的に次なる目標は百済国であるほかない。
 帯方界まで押し出した倭軍の兵站基地は、当然、百済でなければならないから、400年に倭軍が新羅の城内に「満てり」とあるのと同じ状況が百済にもあったと考えるのが自然だろう。
 この倭軍を、すべて九州などの列島から進出したと見るのが研究者の見解(たとえば『伽耶はなぜ滅んだか』鈴木靖民ほか:大和書房1998年)らしいが、三韓のうちでも弁韓は倭人の国といってよく、彼らも出兵したに違いない。であればこそ「安羅人戍兵」が400年になって、その前年(399年)に高句麗に救いを求めた新羅を撃っているのだろう。


                             (高句麗・広開土王碑の項終り)   目次に戻る