桜島・垂水・錦江・南大隅
肝付・東串良・大崎各町の

先史・古代遺跡25

遺跡名 時代区分 遺構・遺物および遺跡の特徴
 1  武貝塚
    (鹿児島市桜島)
 縄文中期末〜後期 指宿式・市来式・鐘崎式(北九州系系)・西平式(西北九州)各土器の層序が明瞭。土製品、石器、軽石製品、骨角器、貝製品などが豊富。
 2  柊原貝塚
    (垂水市柊原下)
 縄文後期〜古墳時代 縄文晩期の竪穴住居跡2軒。屈葬の男性人骨。土器は市来式・西平式・上加世田式・成川式(古墳時代)。その他、貝輪、骨角製品、石製品各種。中でも大量の軽石製の岩偶は縄文人の精神文化を象徴している。また、遠洋性の魚種の骨が豊富に出ている。
 3  宮下遺跡
   (垂水市新城大浜)
 縄文後期〜中世 熊本の三万田土器が多く出土。鹿児島県では希少である。また晩期から弥生時代初頭の刻目突帯文土器に孔列文の入った物があり、珍しい。
 4  轟木ヶ迫遺跡
  (錦江町大根占城元)
 縄文、弥生 縄文中期の春日式土器を主体に出土。これらは池田火山灰(5500年前)よりは上、黄ゴラ(4000年前)よりは下から出ているので層位年代が明確になった。また瀬戸内系の船元式を共伴していないので、中期も後半とされる。
 5  山ノ口遺跡
  (錦江町大根占馬場)
 弥生中期 海岸の砂鉄採取地で発見。環状列石、男女の岩偶、長頸形土器などが出土。祭祀遺構とされる。土器などに付着していた開門火山由来の暗紫ゴラの年代から約2000年前と確認された。中期の指標土器である
 6  ホケノ頭(かしら)遺跡
  (錦江町田代川原)
 縄文早期 早期早葉の岩本式土器の完形が狭い範囲に10個体も見つかり話題を呼んだ。口縁部には種々の文様があり、ベンガラ塗の物もあった。
 7  荒田原遺跡
   (錦江町田代麓)
 縄文早期 集石遺構が4基あり、土器は前平式が中心。石製品も多く、磨製石鏃、局部磨製の石斧、磨り石、石皿、剥片石器などが出た。
 8  岩崎遺跡
   (錦江町田代岩崎)
 縄文後期 後期の指標土器となった岩崎式は、地層により下層式と上層式とに分類される。上層式は指宿式に似ているが、口縁部に隆起はない。
 9  立神遺跡
   (錦江町田代麓)
 縄文後期 3500年前の住居跡を一軒検出。内部から市来式・指宿式土器が出土。指宿式には黄ゴラ(4000年前・開門火山起源)が付着したものがあった。
10  大中原遺跡
 (南大隅町根占横別府)
 縄文早期 遺構としては竪穴住居跡4軒、集石遺構20基、石器製作所跡など。土器は石坂式、前平式、吉田式で、中でも吉田式は多い。また6400年前のアカホヤ火山灰堆積の際の「幸屋火砕流」で埋もれたまま炭化したカシ種の樹木が一本、まるごと発見された。
11  出口遺跡
 (南大隅町根占横別府)
 縄文晩期、弥生中期 晩期の刻目突帯文土器群の中に、丹塗磨研壺が見られ、これは半島南部では初めての出土。
12  谷添遺跡
 (南大隅町根占横別府)
 弥生時代 2軒検出された住居跡のひとつから、おびただしい数の石鏃と土器片が出土。磨製で、中には石槍状の物もあった。防御型の高地性集落とも言われている。
13  千束遺跡
  (南大隅町根占川北)
 弥生〜古墳時代 2基の竪穴住居跡を検出。成川式土器が主体で、鉄鏃を多く出土。海への見晴らしのよい場所なので、見張り所的な役割を持った住居と考えられている。
14  大泊貝塚
  (南大隅町佐多大泊)
 縄文中期・後期 鹿児島湾岸の貝塚はここを含め6ヶ所(武、柊原、草野=以上後期、宮坂、山下=以上早期)確認されている。当貝塚は表面採取だけで本調査はなされていないが、採取された指宿式土器は指宿産であることが判っており、湾を越えての交流があったことが示された。
15  塚崎古墳群
   (肝付町高山野崎)
 古墳時代 塚崎台地の上に広がる古墳群は、日本最南端の高塚型古墳群であり、また近隣の古墳群の中では最古の物を含む古墳群である。これまでに前方後円墳4基、円墳39基、地下式横穴墓13基が確認されている。最大は66bを測る39号墳(花牟礼古墳)で、地山成形の古いタイプで、4世紀代。最近は地下式古墳の発掘で新しい知見が得られつつある。昭和22年国の指定。
16  横間古墳群
   (肝付町高山新富)
 古墳時代 円墳8基、地下式11基の共存。地下式には組合せ石棺の物、蕨手刀のある物があり、7世紀代とされる。
17  東田遺跡
   (肝付町高山野崎)
 縄文後期〜古墳時代 塚崎台地の東2キロの低湿地上の住居群。住居跡は晩期から古墳時代に至るまで検出できるが、古墳時代に急激に増加し、40軒を超える規模となる。
18  後田山下遺跡
   (肝付町高山後田)
 縄文早期〜後期
 古墳時代
シラス台地辺縁部の標高50bに位置し、晩期以外の縄文土器を出土。中期には瀬戸内系の船元式土器も出ている。
19  西牟田遺跡
   (東串良町川西)
 弥生中期・後期 竪穴住居跡1軒を検出。土器は山ノ口式と、袋状の口縁を持つ小型の丹塗磨研長頸壺が出土。これは北部九州系で、交流があったことをうかがわせる。
20  唐仁古墳群
  (東串良町新川西)
 古墳時代 140基の高塚からなる古墳群で、昭和19年に国の指定を受けている。最大の一号墳(唐仁大塚)は墳丘長154b、九州で3番目の巨大な前方後円墳。他に規模は半分かそれ以下だが5基の前方後円墳がある。10年余り前に古墳群の西側を試掘調査したところ、山ノ口式(弥生中期)よりやや古い土器を発掘しており、古墳築造はるか以前からの生活が示唆された。
21  沢目遺跡
   (大崎町益丸松原)
 弥生〜古墳時代 持留川と田原川の下流が形成した小砂丘の上に位置する弥生中期の集落跡。土器では山ノ口式、入来式、須玖式(北部九州系)、古墳時代の成川式、中津野式(東九州系)。鉄斧も出ており、九州東海岸ルートで九州北部と交流していたようである。
22  横瀬古墳
     (大崎町横瀬)
 古墳時代 標高6メートルと唐仁大塚よりは1b高いが、水田地帯の中に独立して存在する前方後円墳で、墳丘長132bは県内2番目、九州でも5番目という。石室は既に盗掘にあっていて詳細は不明だが、墳丘上にあったとされる形象埴輪や周濠から出土した須恵器に伽耶系の特徴があるとされる。唐仁大塚よりやや新しい5世紀中頃の築造と見られる。
23  鷲塚地下式横穴墓
      (大崎町永吉)
 古墳時代 横瀬古墳の南西2キロの汐入川沿いの右岸にある。天井はドーム型で玄室長2.05bを測る。地下式の単独はあり得ないので、周りにまだ多数、眠っているようだ
24  神領古墳群
  (大崎町神領・横瀬)
 古墳時代 持留川と田原川の合流で挟まれた標高20〜30bの台地上に分布する古墳群で、高塚13基のうち4基が前方後円墳。そのひとつ天子ヶ丘古墳(6号墳)の内側朱塗りの花崗岩製組合せ石棺には、2枚の銅鏡と刀、剣が副葬されていた。また地下式横穴墓一号からも鏡が出ており、非常に珍しい。平成18年、最大の前方後円墳(10号墳)に共伴する地下式墳から五世紀前半の精巧な「武人埴輪」が出土。全国でも希少という。
25  下堀遺跡
    (大崎町岡別府)
 
 縄文早期
 弥生中期〜古墳時代
ここでも弥生時代の大型住居跡(7bと9b)が確認されたことで、大隅半島ではかなり普及していたことが判明。また、地下式横穴墓から異形鉄器が出土したが、これは山川遺跡の物と同じであることから、伝播・交流を考慮する必要が生まれた。

[出典:『先史・古代の鹿児島』(県教育委員会発行・平成17年)の「大隅半島の部」]


 
※なお、遺跡の場所については、各市町の教育委員会に問い合わせてください。国指定のものや高塚古墳以外は、現地に行っても標識のない場合がほとんどのうえ、埋め戻してあるので、実際は全く跡形も無くわかりません。        市町村役場一覧はこちらで

トップページへ