(つまこく)
投馬国の位置

 魏志倭人伝の行程記事によると
@帯方郡から狗邪韓国まで水行七千里九州の地図
A狗邪韓国から対馬国まで水行千里
B対馬国から一大(壱岐)国まで水行千里
C壱岐国から末盧国まで水行千里
D末盧国から伊都国まで東南へ陸行五百里
E伊都国から奴国まで東南へ陸行百里
F伊都国から不彌国まで東へ陸行百里
 (伊都国から奴国、不彌国へは放射説をとる)
G投馬国まで南へ水行二十日
H邪馬台国まで南へ水行十日さらに陸行一月

 であるが,邪馬台国への行程だけは別に距離表記で

I郡より女王国まで万二千余里
 としてある。

 まずこのIから@、A、B、Cの水行合計一万里を引くと、残りは二千里である。 この二千里がHの記事の陸行一月に該当するのだが、それを言うためには今求めた水行合計一万里が Hの記事の水行十日に該当しなくてはならない。
 そこでA、B、Cの海峡を渡る行程を考えてみる。 実はこの三つの海峡は距離はすべて違うのである。Aが最大でCが最小であり、実際の距離の比は 19対11(Aは金海市と対馬の中心点、Cは壱岐の中心点と唐津市のそれぞれの距離)というふうに 、同じ千里で表すことのできないほどの差があるのだ。それを三者すべて同じ距離表記にしたという のは、実は距離ではないが何か同じものを表わしているということに他ならない。それは所要日数だろう。
 では何日か?それは一日であるしかない。なぜなら海峡を渡る途中で宿泊、つまり寝るわけにはいかないからだ。 日のあるうちに漕ぎ渡り切らなければならないのである。
 こう解けると、@の水行七千里は七日かかると分かる。そこで@、A、B、Cの所要日数の合計は十日と判明する。 これはまさしくHの水行十日に該当する。よってHの陸行一月は陸上の二千里に該当するゆえ、HとIは同義であり、 したがってHの邪馬台国はGの投馬国からではなく、郡(帯方郡)から「南へ水行十日、さらに陸行一月」なのである。
  同時に投馬国もFの不彌国からではなく、郡からとしてよい。九州島の北岸もしくは内陸部に比定される不彌国からは、 南へ船出(南至る投馬国、水行二十日)することは不可能だからである。
 唐津に比定される末盧国まで郡から水行十日だから、そこから更に東か西を回って十日で行き着くところというと、 南九州が広く該当する。そこが戸数五万戸の投馬国に他ならない。
 以上から投馬国は南九州にあることが分かった。そしてその王名が「ミミ」である以上、同じく南九州を本貫とする(と記紀に書かれている)天孫四代目の神武天皇と現地妻アイラツヒメとの間の子にタギシミミ、キスミミがおり、 大和に入ってからの現地妻イスケヨリヒメとの間の子にまでカムヤイミミ、カムヌナカワミミと「ミミ」名が集中する のは、「そこまで徹底的に創作して南九州からの東征を本物らしく見せようと仕組んだのだ」などと強弁するより、史実として 南九州(日向)から大和への大移動があったと素直に認めるべきだろう。いったい何の不都合があるというのだろうか。
 
 やはりあの皇国民教育激しかりし戦時中に、日向は不敗の現人神天皇の始祖発祥の地だから敬うべし、と洗脳的に叩き 込まれたトラウマがそうさせないのだろうか。それとも逆に王朝の鼻祖があんな何にも無い最果ての、かつ民度の低い 南九州からやって来たはずがない― ということだろうか。いずれにせよ過去を正しく冷静に振り返り、先入主という フィルターをはずしていく努力を惜しんではなるまい。