マップ

大和王朝初代・神武天皇の父に当たるウガヤ
フキアエズノミコトの御陵といわれている。

記紀によればウガヤノミコトは皇孫ニニギノミコ
トーヒコホホデミノミコト(山幸彦)−ウガヤノミコ
トとつながる皇孫三代目で、母は海神ワタツミ
の娘である。

ところが母トヨタマヒメはお産の時に
夫であるホホデミノミコトに見られて
しまい、泣く泣く海の宮に帰って行っ
た。

その後を引き継いだのが妹のタマヨ
リヒメで、彼女はお乳が出ないので
飴を作ってウガヤノミコトを育てたと
いう。

ウガヤノミコトが成人すると母親役を
終え、今度はその妻になって神武天
皇はじめ四人の子をもうけている。

マップ

おおせんだい神社は
祭神がアイラツヒメ。
神武天皇の后である

吾平山上陵の傍らを
流れる姶良川の上流4`の神野という地区にある。右の写真通称・吾平富士
(中岳)の麓に鎮座する。

小高い丘の上、杉木立に
包まれた大川内神社

アイラツヒメは東征に出発した夫・神武と息子のタギシミミの平安を願いながら、この自然豊かな
神野で生涯を過ごしたという。

神武東征などあり得ないとする説からは、アイラツヒメに因んだこの伝承も御伽噺に過ぎない
のかもしれないが、現地に佇むと何処かからかアイラツヒメや一族の者たちの祈りの声が聞こ
えて来そうである。

大川内神社
airasanryou
oosendai
吾平山上陵