万八千神社
マップ

鹿屋市串良町下小原に鎮座する。

祭神は別雷命(ワケイカズチノミコト)。
山城国の上賀茂神社の分社で社司・石塚氏(のち宮地氏)が和銅2(709)年に供奉し下向した。

平安時代まで「従三位賀茂大明神」と
呼ばれ鎌倉時代以降、肝付氏の崇敬によって香取・鹿島の神を併せて祭ったという。

マップ

串良川のほとりの小高い丘の上にある。
祭神はスサノオノミコト。

祈年祭(春祭り)が毎年二月の二十日前
後に行われるが、豊作の予祝と言われる
神事は県の無形民俗文化財に指定されて
おり、地域のみならず他所からも大勢の人
が集まる。

木彫りのベブ(牛)を引き出して演じられる
農夫と神官のやり取りは絶妙のユーモアが
あり、見物人の哄笑を誘う。

このお宮は、一説によると崇仏論争に敗れた物部守屋が亡命し、隠れ住んだと伝えられている。
守屋の一族はその後、串良川を下りながら十五社神社、月読神社、事代主神社など串良川流域
に支配地を確保しながら、最終的に高山町(現・肝付町)に至り、四十九所神社の神事を司った
と伝えられている。

山宮神社

十五社神社(串良町岩広)

四十九所神社(肝付町)

マップ
マップ
manhassen
yamamiya

串良地方では最も社格が高かった。
 カモ族の来歴を偲ばせる神社だ