景行紀を読む

垂仁天皇の第三子(母:ヒバスヒメ=丹波道主王の娘)

和風諡号  日本書紀:大足彦忍代別
(オオタラシヒコオシロワケ)
         古事記:大帯日子淤斯呂和気
(オオタラシヒコオシロワケ)
 
  宮    纏向の日代宮 
(古事記も同じ)

 陵墓    書紀には記載なし。ただし、高穴穂宮にて崩御とある。
        古事記…山辺道上陵

 <王妃と皇子・皇女>

T 日本書紀による(王妃別)  
※皇子・皇女の称号は省略している

王 妃 皇 子・皇 女
 ハリマノイナヒ
     オオイラツメ(皇后)
 オオウス、オウス(双生児)
 ヤサカイリヒメ
  (美濃の八坂入彦の娘))
 ワカタラシヒコ、イオキイリヒコ、オシノワケ、ワカヤマトネコ、オオスワケ
イソサキイリヒコ、キビノエヒコ
 ヌノシヒメ、ヌナキヒメ、イオキイリヒメ、カゴヨリヒメ、タカキイリヒメ、オトヒメ
 ミズハノイラツメ(三尾氏)  イオヌヒメ
 イソカワヒメ  カムクシ、イナセイリヒコ
 タカタヒメ(阿倍氏)  タケクニコリワケ
カミナガオオタネヒメ(日向国)  ヒムカノソツヒコ
 ソノタケヒメ  クニチワケ、クニセワケ、トヨトワケ

 U 古事記による(王妃別)  ※皇子・皇女の称号は省略

王妃 皇子・皇女
 ハリマノイナビノ
   オオイラツメ(皇后)
 クシツヌ、オオウス、オウス、ヤマトネコ、カムクシ
 ヤサカノイリヒメ
  (ヤサカノイリヒコの娘)
 ワカタラシヒコ、イオキノイリヒコ、オシワケ、イオキノイリヒメ
  妾(名は不明)  トヨトワケ、ヌシロノイラツメ
  妾(名は不明)  ヌナキノイラツメ、カゴヨリヒメ、ワカキノイリヒコ、キビノエヒコ、タカキヒメ、
オトヒメ
 ミハカシヒメ(日向)  トヨクニワケ
 イナビノワカイラツメ
        (皇后の妹)
 マワカ、ヒコヒトノオオエ
 カグロヒメ  オオエ

   <年代順の事績>

事      績
元年  即位。太歳は辛未
2年  ハリマノイナヒノオオイラツメを皇后とする。双生児オオウス、オウス皇子を生む。
3年  ヤヌシオシオタケオココロを紀伊に遣り、神祇を祭らせる。武内宿禰が生まれる。
4年  美濃行幸。ヤサカイリヒコの娘・ヤサカイリヒメを妃とする。
12年  熊襲が背いたので、八月、筑紫へ行く。豊前国の長峡(ながお)県に行宮を建て、そこを「京(みやこ)」と名付ける。十月、碩田(おおきだ=大分)国に入り、十一月には日向国に至る。高屋宮を建てる。十二月、ついに熊襲国を撃ち、熊襲タケルを討ち取る。 
13年  御刀媛を高屋宮に召し、妃とする。トヨクニワケ皇子を生む。
17年  子湯県に行き、丹裳小野に遊び、東を望んで国名を「日向」と名付ける。さらにそこで「思邦歌(くにしのびのうた)」をうたう。
18年  筑紫を巡行する。夷守地方の石瀬川で諸県君イズミヒメに出会う。熊県から葦北に到り、さらに火の国(八代)―島原―玉名―阿蘇―三池―八女―浮羽と巡行。
19年  天皇、日向より帰京。
20年  イオヌ皇女に天照大神を祭らせる。
25年  武内宿禰に北陸・東国を偵察させる。
27年  武内宿禰が帰還し、偵察の結果を報告する。八月、熊襲が再び背く。オウス皇子(ヤマトタケル)に征伐を命じる。熊襲の国に到り、宴中の熊襲の首領「川上タケル」を討ち取る。このとき、川上タケルから「日本武皇子」という名で讃えられる。
28年  ヤマトタケルは帰路、吉備と難波で悪しき神を誅伐した上で、王宮に帰還する。
40年  ヤマトタケル、斧鉞を授けられて東国を撃つ。副将は吉備武彦と大伴武日連。
43年  伊勢神宮―駿河―相模―上総―陸奥国(日高見国)―常陸―甲斐―信濃―美濃―尾張と転戦してきたタケルは、尾張氏の娘・ミヤズヒメを娶る。ところが近江の伊吹山に登ったとき、山の神の怒りに触れ、ついに伊勢の能褒野(のぼの)で絶命。武部(たけるべ)を定める。
51年  八月、ワカタラシヒコを皇太子に立てる。武内宿禰を棟梁之臣とする。
ヤマトタケルの系譜(正妃フタジノイリヒメとの第二子が仲哀天皇=タラシナカツヒコ)
52年  皇后イナヒノオオイラツメが亡くなったので、妃ヤサカノイリヒメを皇后とする。
53年  東国を巡行する。十月、上総国の海中で白蛤を得たので、イワカムツカリが膾にこしらえたところ褒められ、ムツカリは「膳大伴部」姓を授けられる。
54年  伊勢の行宮から、纒向宮に帰る。
55年  ヒコサシマを東国十五国の都督に差し向けたが、途中で逝去。
56年  ヒコサシマの子・ミモロワケに父の後を継がせたところ、善政を敷き、東国は静穏になった。
57年  九月、坂手池を造り、その堤に竹を植えさせる。田部・屯倉を興す。
58年  近江国に行幸し、行宮を建てる。高穴穂宮という。
60年  十一月、高穴穂宮にて崩御。106歳。

(注)
辛未
・・・かのと・ひつじ。十干十二支による年は、60年毎にやって来る。この表記が正しいとすると、3世紀〜4世紀と思われる景行天皇在位からは、西暦251年、311年、371年の三つの年が挙げられるが、251年はほぼヒミコの時代であるので整合せず、また、371年は私見では神功皇后の時代である。
 したがって最も近い年代は311年ということになる。53年条のイワカムツカリの系譜を考察しても、これと近い年代が得られている(後述)。

ハリマノイナヒノオオイラツメ・・・播磨稲日大郎姫。文字通り播磨の出身だろう。『播磨風土記』の「賀古郡」および「印南郡」の条に、オオタラシヒコ(景行天皇)が「印南別嬢(いなみのわきいらつめ)」に妻問いをしたことが見えている。この「いなみのわきいらつめ」こそが「イナヒノオオイラツメ」であろう。
 王妃の数は記紀のどちらも7人で同じだが、名と皇子・女にかなりの違いがある。これはどちらが正解か確かめようがない。ただ、妃のうち書紀の「カグロヒメ」と古事記の「ソノタケヒメ」についてだけ考えておきたい。
 カグロヒメは古事記の系譜によれば「ヤマトタケルの曾孫・スメイロオオナカツヒコの娘」だそうだが、タケルが景行天皇の皇子であれば、カグロヒメは景行天皇自身から数えて5世代目に当たり、107歳の長命としてある天皇にしても、妃にするのは無理な話である。これは誤記というより、景行天皇とタケルとの間は親子関係ではないということを示しているのだろう。私見では景行天皇は祟神系の辰韓(九州北部大倭国=筑紫=白日別)出自の流れだが、タケルは別系統だろう。
 ソノタケヒメは「襲武媛」と書く。「襲」は南九州の一部であり、「武」もやはり南九州を指すから、このヒメは熊襲族に違いない。当時、日向も古事記によれば「建日別」すなわち「熊曽国」であったから、別の妃であるカミナガオオタネヒメにしてもミハカシヒメにしても熊襲国に属するが、日向の方の熊襲族と大隅の方の熊襲族とがいつも足並みを揃えていたとは限らない。このソノタケヒメは皇子のクニチワケが「水沼別の始祖」、トヨトワケが「火(肥)国別の始祖」となったとあることから、鹿児島の方の熊襲タケル(アツカヤ・サカヤ)の娘・イチカヤのことではないかと思う。

ヤヌシオシオタケオゴコロ・・・屋主忍男武雄心命。分注に別名・武猪心命とあり、これだと古事記によれば第八代孝元天皇の皇子にいる「少名日子建(武)猪心命」に近いが、年代的には3世代も古い人物なので整合しない。
 それはさておき、このタケオゴコロは「阿備柏原(あびのかしわばら)」で神祇を祭ること9年、ついに現地のウジヒコの娘・ヤマシタカゲヒメを娶り、武内宿禰を生んでいる。

武内宿禰・・・タケシウチノスクネ。古事記では孝元天皇の皇子・ヒコフツオシマコトの子ということになっている(母は同じくヤマシタカゲヒメ)。
 系譜は記紀ともに孝元―開化―祟神―垂仁―景行であり、古事記では武内は祟神天皇と同世代だが、書紀は景行の次世代に当たるとしているので、そこには2世代の差があり、どちらかが間違っているか、それともどちらかが世代を間延びさせたためか?結論はまだ出せないでいる。
 武内宿禰はこの景行紀が事績としての初出で、以後、成務、仲哀、神功、応神、仁徳の各紀に登場し、記述どおりの経年を合計すると300歳を越えるような非実在的超長寿者だが、上のカグロヒメで見たように景行天皇とヤマトタケルの親子系譜に疑いがあり、やがて述べるように応神ー仁徳関係も親子繋がりではないと分かると、せいぜい100歳くらいの、長命だがあり得ないとは言えない範囲に収まり、実在の可能性はぐんと高まる。あとは、記述の内容と存在との整合性を各天皇紀から証明していけばよい。
 なお、景行紀にはないのだが、次の成務紀に武内宿禰と成務天皇とは同日生まれであるとしてある。

熊襲(国)・・・クマソ(国)が史書の上で最初に登場するのは古事記の国生み神話の「筑紫」(九州島)の所で、筑紫を4つに分けた南半を「建日別、別名は熊曽国」(注:古事記ではソを曽と表記する)としてある部分だが、具体的には初めて出てくるのがこの景行紀である。
 熊襲は九州古代前史、ひいては大和王権成立を考える上で避けては通れない存在で、古来より多くの研究者が様々な解釈を施してきた種族である。
 至極手短かに言えば、大きく実在論と非実在論に分けられる。後者の考えは、記紀の修辞上、はるか南方に住む王化に浴さない蛮族として登場させることで、大和王権の優秀性・単一無二性を際立たせるために地名の球磨(球磨=クマに同じ音の熊を当て、猛々しい、恐ろしいという語感を与えた)と襲とを合成して創作した種族に過ぎない、というもの。隼人非実在論もこの延長上にある。
 これに対して、実在論は、大和王権と遜色のない南九州地方王権があったとするものから、熊襲は実は新羅系で朝鮮半島とのパイプを濃厚に持った種族であるとするものまで実に多彩だ。実在論者ははなから蛮族視した記紀の記述など一顧だにしない傾向があるのも特徴で、同じ実在論でも私見とは大きく異なる。
 熊襲が記紀という文献で登場してきた以上、その文献は徹底的に読み込もう、そして一応はその文脈の中で解釈をしてようというのが筆者の考えで、もしそこに著しい不整合が見つかれば、そのように書かしめた記紀編集者の動機は何なのかを探ることで、新たな知見が得られるのではないか―というスタンスを取りたい。もちろん誰しも考える「大和中心主義的筆法」は百も承知の上でである。
 私見では、まず「襲」だが、襲は襲の国であり、南九州鹿児島に今でも残る「曽於」地方を中心とする大きな土地のことで、襲は「背」から来た語と考えている。「背」は「腹(表)に対する裏側」だがけっして腹より劣る物ではない。まず「背」が立たなければ、人間として生きるのが難しい。神話に「足の立たないヒルコが生まれたので葦舟に乗せて流した」とあるように、最も根本的な不具が「背が立たない」ことなのであった。したがって「背」とは英語で言う文字通りの「バックボーン(背骨、背景)」で、「根本(コンポン・ねもと)」と考えてよい。民族次元でなら「本貫の地、ふるさと」とでも言い換えられよう。あるいは「背の君」という時の「背」と言ってもよい。「頼りになる大黒柱」のニュアンスを持つ言葉だ。
 「熊」は動物の熊ではない。この漢字の成り立ちから見ていくと、使われた理由が分かる。「熊」の原義は「能(よくする、よくできる)プラス列火(れっか=火が並んだ状態)」で、「火を能くする」すなわち「火をコントロールし、火をものともせず使いこなす、火の盛んな」という意味を持っているのである。「火」は南九州では強い日差しの「日(陽)」でもあるが、それよりも何よりも「火山の火」だろう。もちろん日本列島は全体が火山島であるから火山の無い地方を探すのが難しいが、それでも住む土地のど真ん中を4つも巨大なカルデラが貫いているという場所は南九州しかない。24000年前の壊滅的な大噴火によるシラスの堆積を筆頭に、阿蘇カルデラから南海の鬼界カルデラまで、大地を塗りこめた噴火の洗礼はそこに住む人をして「火に強く」させたであろうし、火山灰台地によらない生業つまり海への依存を高めた。
 以上のような「バックボーンに火山による盛んな火の洗礼を受けつつも、果敢に生き抜こうとしているカルデラ地帯の人々」が「熊襲」の実態であった。「熊襲」は一語で「火の盛んな地帯に住む襲人」としても使えるが、魏志倭人伝上の倭人の国々としては「狗奴国」が「熊」に相当し、「投馬国」が「襲」に該当する。私見では「狗奴国」は阿蘇カルデラのある熊本県域、「投馬国」は加久藤カルデラ、姶良カルデラ、阿多カルデラ、鬼界カルデラのある鹿児島・宮崎県域である。特に投馬国人はより海への依存度が強く、大地の生業(米作り)では食えないため航海民として、遠く北部九州から朝鮮半島への交易に従事した。それが魏志韓伝に記述のある「弁韓、辰韓人の文身(入れ墨)」の実情だろう。
 長い論考になったが、「熊襲」とはそのような実態の種族だったということを理解することが「熊襲問題」を解く鍵になると言いたいがためである。
 熊襲タケルとはもちろん「熊襲の首長」で、神武紀にあるように各地の土豪的首長はすべて「タケル(梟帥)」で表されているが、ここで注目すべきは、中央から来た征伐軍の将軍に初めて「タケル」名を与えていることだ。これは実は大変なことで、名を与える(授ける)という行為は上位者から下位者への行為なのだ(各地の地名命名説話。また、垂仁紀に見えるヒコヤツナダへの賜姓や仁徳紀に見えるイクハトダノ宿禰への賜姓など)と知るとき、オウス(ヤマトタケルの幼名)より熊襲タケルの方が上位者だったということが導かれる。これも「修辞的創作」として一蹴してしまう考えもあるが、創作にしてもここまで踏み外せるわけがなく、真実としてよいのではないだろうか。
 熊襲タケルの支配地は、記述によれば鹿児島域の熊襲国すなわち「投馬国」に重なるから、第1次東征による第一次大和王権の「投馬国王統」が、第2次東征の祟神王統(大倭王統)に取って代わられた際の混乱が尾を引き、投馬国王統の本貫地南九州でも叛旗が翻されたため、やむなく鎮定(?)に出掛けたというのが27年条の「ヤマトタケルの熊襲征伐」の中身だと思われる。4世紀の第1四半期の頃だろう。

筑紫を巡行・・・古事記が記さないように、景行天皇による「筑紫親征」はなかったろう。その一つの大きな理由として挙げたいのが「天皇が日向三代の御陵を親しく訪れた」あるいは「熊襲は無礼にも天孫降臨の聖地を汚している」などという記事が一切無いことである。造作であるにしても、いや造作であればこそ「日向への天孫降臨」および「日向三代御陵」との整合性を得るためにそのような記述が必要だろう。それが無いということは、実際に行っていない証拠になる。
 もう一つここから次のことも分かる。すなわち南九州がらみの天孫神話への言及がないのは、まさに祟神天皇を始祖とする王統が日向とは何ら関係が無いことを示している、と。
 さて、天皇の巡行がなかったにせよ、そこに描かれていることは全くの創作ではなく、記紀編纂に至るまでの筑紫の歴史・地理が盛り込まれていることは事実であるから、それらを通してその頃の九州島の状況が読み取れる。まず概観して不可解に思えるのは次のことだ。
 それは南九州でも今日の鹿児島県域がほぼそっくり描写から抜け落ちていることである。それともう一つ、北部九州の福岡県域のうち筑後川と佐賀平野を結ぶラインより北もすっぽりと抜けている。
 このうちで後者は、熊襲征伐に直接関与していない地域なので描かれなかった、と言えないことはないが、それでもせっかくの筑紫(九州島)巡行であるのなら、博多奴国くらいは触れてもよさそうなものだ。それが無いということは、景行王権にとって書きたくないことが九州北部にはあったということだろう。私見ではそれは「大倭国」のことだ。「大倭国」こそは祟神天皇の九州における本貫地なのである。その直系である景行天皇なのだから当然立ち寄って「国人の歓待を受けた」というような記事が書かれてもおかしくない。だが、触れれば祟神王統が半島の辰韓由来の王統であることを隠せないため、敢えて無視することにしたに違いない。辰韓の半島における後裔は新羅であり、書紀編纂当時の大和と新羅の関係(大和は新羅を敵に回して戦い、敗れている=白村江の戦い)にかんがみて、そうしたのだろう。
 後になったが、南九州鹿児島県域の抜け落ちはまさに「熊襲王国の独立性」のためである。南九州投馬国王統が祟神王統に取って代わられて以来、その「残党(本貫)」たる南九州は大和王権に対して頑なに殻を被ったはずで、そうした傾向はその後ずっと続くことになる。
 巡行記事で注目したいのは八女県に入ったときの描写で、「遠くに山々が重なり合って、非常に麗しく見える。そこには神が居るか」と問うたところ「八女津媛がおります」と答えた。それで土地の名が「八女国」になった――ただこれだけの、一般に言う「地名伝説」に過ぎないのだが、九州島では多くの女酋長が登場し、妃になった日向のミハカシヒメと諸県君イズミヒメ以外は恭順するか誅殺されているのに、この八女津媛だけは神格化し、別格の扱いをしている。破格の厚遇といってよい。八女は私見による「邪馬台国女王国」である(行程記事を正確に当てはめると八女になっただけで、初めに八女なりきではない)。編纂者も八女にヒミコありとひそかに思っていたのでは――という気もする。ただし女王国はすでに消滅していた(260年代)。

川上タケル・・・ヤマトタケルが討ち取りに行き、殺す直前にその名「タケル」を貰ったという熊襲の首長。
 架空の「景行親征」のときに征伐したとされた熊襲八十タケルの頭領・アツカヤ、サカヤ、イチヒカヤ、イチカヤがその名に負う如く、大隅半島中央部の鹿屋地域(串良川流域)だったのに対して、こちらのタケルは都城地方の頭領だろう。
 
都城は南九州最大の川・大淀川の上流に豁然と開けた緩やかな盆地で、水利さえうまく行けば相当な穀倉地帯となり得る地域である(現に11世紀、国内最大の島津荘が形成されている)。ここはまさに川上で、南九州の土豪にとって最後の砦となる所に違いない。

ヤマトタケルの系譜・・・書紀によるとヤマトタケルの系譜は

 子:イナヨリワケ、タラシナカツヒコ、ヌノシイリヒメ、ワカタケミコ (母:フタジノイリヒメ=垂仁天皇の娘)
 子:タケカイコミコ、トオキワケミコ (母:キビノアナトノタケルヒメ=吉備武彦の娘))
 子:ワカタケヒコ (母:オトタチバナヒメ=穂積忍山宿禰の娘)

 で、垂仁天皇の娘・フタジノイリヒメとの間に生まれた第二子のタラシナカツヒコが景行天皇の子の成務天皇の後を次いで「仲哀天皇」となる。不可解なのは成務天皇の後継になぜ数多くいる兄弟、たとえばイオキイリヒコ、オシノワケ、ワカヤマトネコといった皇子を立てず、いきなり甥っ子のタラシナカツヒコが継いだのかということである。母が前代の天皇だったからというのが理由だとすれば、はじめからワカタラシヒコ(成務)ではなくタラシナカツヒコ(仲哀)を後継にしてもよかったろうと思われる。
 このあたり、成務天皇の非婚、子無し、また、仲哀天皇の無能力とも考え合わせて時代を見ていく必要があるようだ。
 また、北部九州から東征して「第二次大和王権」を確立した祟神天皇の直系であり、全国に王権を伸張させようとした景行天皇の前に立ちはだかったのが各地の「タケル」であろう。その中で最も強大な者が南九州の「熊襲タケル」であったわけだが、ヤマトタケルとはそのような「タケル・グループ」を象徴する言葉(人物)で、当時の大和王権の伸張(ワケ姓の拡大)にはむしろ批判的な者だったように思われる。

イワカムツカリ・・・盤鹿六鴈と書く(人名)。この名を景行王朝時代の年代特定の助けとして考えてみたい。
 『高橋氏文』(延暦8年選進)によると高橋氏の祖先はこのイワカムツカリであり、白蛤献上の功によって太刀を賜ったうえ、東方の国造17氏から枕子(夜伽女=采女)を一人ずつ進上された、という。高橋氏の旧名が膳臣なのも、この説話の正しさを表していると思うが、それよりも何よりも金石文史料が証明している。
 その金石文とは「埼玉古墳群の稲荷山古墳出土の鉄剣銘」である。

 (表) 辛亥年七月中に記す。オワケノ臣。上祖の名はオホヒコ。その児、タカリノスクネ。その児    、名はテイカリワケ。その児、名はタカハシワケ、その児、名はタサキワケ、その児、名はハテヒ

 (裏) その児、名はカサハレ。その児、名はオワケノ臣。世々、杖刀人の首となりて事(つか)え     奉り、今に至る。
       ワカタケル大王の寺(ジ=寺でも時でもなく、ジとは正殿)が、斯鬼宮に在りし時、われ、     天下を佐治せり。この百錬の利刀を作らしめ、わが事(つか)え奉る根原を記す也。
 

 
これによると、鉄剣を作らせて古墳に副葬したオワケノ臣の祖は「オオヒコ(第八代孝元天皇の子)」で、タカリのスクネ―テイカリワケ―タカハシワケ―タサキワケ・・・というように親子継承で継がれている家ということが分かる。オホヒコから数えて4代目に「タカハシワケ」が居り、これが「高橋姓の始まりとすれば、その直前の父の名「テイカリワケ」や祖父の名「タカリノスクネ」に共通する「カリ」が、高橋氏の祖とされる「イワカムツカリ」にも含まれていることから、この先祖のどちらかが「イワカムツカリ」だったとしてよかろう。
 そのうちでも父にあたる「テイカリワケ」の方がより説話に合致するから、このオワケノ臣の5代前に当たる人物の時代を特定してみたい。
 オワケノ臣が仕えたという「ワカタケル大王」が雄略天皇であることは今日の定説である。天皇の在位4
57年から479年もおおむね特定されているので、これを定点(定年)として親子継承の5代を遡ると、120年前後が得られるから、テイカリワケすなわちイワカムツカリの活躍年代は西暦330年から360年頃と特定できる。
 この数値は最初に挙げた即位年「辛未年=311年」とかなり整合するので、景行天皇の統治年代が4世紀の前半の内にあることは、ほぼ確かだろう。
 従って、垂仁天皇が300年を挟む前後の数十年、またその先代の祟神天皇の統治年代は、おおむね3世紀の後半もやや過ぎた頃だということも確かのようである。 

   
                            
 (景行紀を読む・終り)  目次へ戻る