縄文時代早期(9500年前〜7500
年前)を中心とする遺跡。

9500年前の定住が確認され、また
7500年前の壺が発掘されて南九州
縄文時代の先進性が驚きをもって
示された遺跡である。

しかし惜しいことに約6500年前の鬼界カルデラの大爆発によって、ほぼ壊滅した。
次に鹿児島に黎明をもたらしたのは、肥後(熊本)系の土器文化で縄文前期の半ば
になって漸く鹿児島特有の土器の生産が始まる。それほど鬼界カルデラの噴出は大
きな打撃を与えたのである。

話は飛ぶが、中国大陸のカボト遺跡(6500〜7000年前)では多量の稲モミが発掘さ
れたが、あれは鬼界カルデラ大爆発によって引き起こされた大津波が泥流パックした
ものと考えられるのではないだろうか。可能性としては高いと思う。

いずれにしても縄文早期以前の鹿児島は、旧石器時代・縄文草創期そして早期と、本
土から種子島まで見るべき遺跡が多く、超古代文明の先進地であったとしてよい。

上野原遺跡
マップ

上野原縄文の森・公式ホームページ