隼人とは熊襲と同じ南九州を領域とする部族であり、大和王権への「近侍」後の南九州出身者を「隼人」と王権側は名付けたわけであるが、一つ考えておかなければいけないのは、その隼人の領域が熊襲時代のそれより狭くなっていることだ。

 熊襲国は古事記によれば「建日別」、すなわち九州島の白日別、豊日別、建日向日豊久士比泥別を除いた残りの領域であった。白日別は筑紫国の別名で今日の筑後地方(筑後川の南岸)を除く福岡県、豊日別は豊国の別名で、ほぼ今日の大分県である。
 
 問題は次の「建日向日豊久士比泥別」の解釈で、この中に「日向」が入っていることから――そもそも日向国がないのはおかしい、九州島は五国でなければならぬ。現に『先代旧事本紀』の「陰陽本紀」では九州島を5つにしているではないか――とする説がある。

 なるほど『旧事紀』には次のように書いてある。

  「筑紫島(九州)は身一つにして面四つと謂ふ。面ごとに名あり。筑紫国を白日別といふ。豊国を
   豊日別といふ。肥国を建日別といふ。日向国を豊久士比泥別といふ。次に熊襲国を建日別
   いふ」

 確かにここでは五国になっている。しかも日向国がちゃんと登場している。しかしよく見ると肥国と熊襲国が同じ「建日別」で表されている。もし『旧事紀』の記述が日向国も登場するから正しいととると、この部分について整合性のある説明ができなければならない。

 肥国はこの記事からは今日の佐賀県と長崎県をあわせた領域ということになるが、そうするともう一つの建日別である熊本県・鹿児島県領域と同一部族の国であることになる。九州の西半分という広大な範囲が熊襲国なのだと言うのであろうか。これは筆写上のミスであろうか。

 いや、そうではない。この部分は『旧事紀』の作者の解釈上のミスだろう。旧事紀は今日の学説では「記紀をも参考にした物部氏族の何人(なんぴと)かによる記録で、平安時代初期に完成したもの」とされる(鎌田純一説など)。したがってその作者がやはり肥国の古事記上の別名「建日向日豊久士比泥別」という仰天するような異質なネーミングを解釈し切れなかったことが、問題を複雑にしたのである。

 筆者はこれを次のように解釈する。

 建日向日豊久士比泥別とは「建日(熊襲国)に向かい、日豊かなる久士比(くしひ=奇日)の泥(ね=根)別(わけ=分かれ)」と解釈すべきなのである。もう少し言葉を補って表現すると「熊襲国に相対している国であり、輝かしい大王の分かれの国」ということになる。具体的に言えばこれこそが九州邪馬台国だったのだ(私は邪馬台国の所在地を筑後八女地方と考えている)。

 私見では、この邪馬台国は九州島内で狗奴国によって併合され、ヒミコ女王のあとを継いでいたトヨは辛くも東に逃れ、亡命政権を建てたと考えている。それがトヨの国=豊国であろう。
 このことについてはいずれ書くことにして、ここでは熊襲と隼人の領域について結論を導こう。

 熊襲は今日の熊本県を主領域とする「熊人(くまびと)」と今日の鹿児島県を主領域とする「襲人(そびと)」とを併せたもので、歴史年代以前の考古学的諸相からは同一部族と言ってよい。ところが隼人名称が生まれた天武朝時代になると熊本県領域のクマ部族はすでに王化しており、隼人といえば「阿多隼人、薩摩隼人、大隅隼人、日向隼人」というように、熊本県に当たる領域は完全に除外されたのである。

 これを邪馬台国時代の国名に引き当てると、3世紀には確実に存在した狗奴国と投馬国を併せた熊襲領域が、5世紀の前半、仁徳天皇の後継者争いをめぐって「サシヒレ(古事記ではソバカリ)」という住吉仲皇子(すみのえのなかつみこ)に近侍していた隼人が誅殺された頃を境にして、南九州の熊襲の末裔はかって中央に東遷した事のある投馬国の末裔でありながら、次第に「まつろわぬ隼人」的部族におとしめられはじめたのだろう。
 
 それは南九州の襲人が航海民(鴨族)として朝鮮半島の三韓に保持していた利権(その最大のものは鉄資源の交易)が、高句麗との戦い(4世紀末〜5世紀初めの応神天皇時代)によって失われつつあったことと無縁ではあるまい。
 さらに欽明天皇時代の任那の滅亡(562年)は甚大な影響をもたらしたが、何と言っても百済を救援しようとして出陣した白村江の海戦における壊滅的敗北は、南九州航海民のみならず広く九州島の海人族にとって絶望的な事件であった。

 これにより交易的航海民としての南九州人(隼人=自称は襲人)はほぼ交易能力を失い、折からの乙巳の変(大化の改新)以降の耕田中心の中央集権的国策の流れの中でいっそう没落の度を強め、三等民化していったのであろう。

    次のページへ        前のページへ                             TOPへ

熊襲と隼人 A

熊襲の領域 と 隼人の領域