日向神話の謎

古事記によれば、オオクニヌシを首長とする葦原中つ国の国譲りが済み、ヒコホノニ ニギノミコト(アメノホシホミミノミコトの子)が高天原から天下りをすることになった。 まず筑紫(九州島)の日向のクシフルの嶺に降り、そこから「朝日の直刺す国、夕日の日照る国」 に行き着いた。その国は「韓国に向かい、笠沙の御前(みさき)にまっすぐに通じている」のであった。
 その笠沙でニニギノミコトはカムアタツヒメと出会う。アタは阿多であり、薩摩半島の加世田市 および金峰町一帯のことである。アタツヒメはオオヤマツミ(山の神)の次女であり、長女の イワナガヒメとともにオオヤマツミから妻にと差し出されたが、長女は醜いゆえにニニギノミコト から拒絶された。これによって天孫の苗裔、つまりのちの天皇が長命を保てなくなったという。 いや天皇に限らず地上の人間がみな短命であるのはそのためだというわけである。 これと似た<寿命有限説話>は南太平洋に広がっており、隼人の出自が南方であることの証左の 大きな要素とされている。だが、イワナガ(石長)がもし「斎長」であればイワナガヒメとは 「部族の祭主としての存在」ということになり、丁度かのヒミコが「鬼道に長じ」(魏志倭人伝) と言われているのと重なってくる。こう考えると「石」ではない倭人伝の「イワ(ウ)」の使い方 のほうがよりこの説話の起源に近いのではないか、南方から来た説話というよりむしろこちらから 拡散したのではないかという疑いも持たれてくる。
 そのことはさておき、美人の妹を娶ったニニギノミコトもある疑いを持つ。 と言っても今の疑いとはまるで違う。それは、アタツヒメがたった一夜の交わりで妊娠したのを 「自分の子ではないだろう、違う男の・・・」といぶかしく思ったということだ。アタツヒメは 嫌疑を晴らすべく、産屋に火を放ってその中で児を産んだ。盛んに火を上げているときに生まれ たのがホデリノミコト、次がホスセリノミコト、最後がホオリノミコト。
 これらのうちホデリが隼人の祖先でいわゆる海幸彦、ホオリ(又の名ホホデミノミコト)が 天皇家の祖先でいわゆる山幸彦となる。この山幸彦ことホホデミが失くしたホデリの釣針を求めて 海に入り、トヨタマヒメと出会う。そこから前のページにつながるのだが、児のウガヤフキアエズ ノイミコトは母の妹タマヨリヒメに養ってもらいながら成長した挙句に、そのタマヨリが妻となって 生まれたのが神武(ワカミケヌ)以下の四兄弟なのであった。
 とても有りそうもない結婚だが、奈良朝の頃に立て続けに二度おなじ結婚が行われている (持統天皇の児の草壁皇子と持統の妹・元明天皇のカップルおよびその二人の孫で藤原不比等の 長女・宮子の児の聖武天皇と宮子の妹・光明子のカップル)という史実があるので否定できないが・・・・・。

 

◆吾平山上陵(鹿屋市吾平町上名)

清流
清流
御陵
御陵