【記紀を読む】 〜神話の部(古事記)〜

 
  A 別天つ神と神世七代

 ※この項では別天つ神(ことあまつかみ)と神世七代(かみよななだい)までを扱い、一覧表にしてみた  。ただし、神名はすべて現代仮名遣いに直してある。(漢字から旧仮名の復元は可能)

神の名 古事記 日本書紀
<別つ天神> ※天地のひらけ始めの五柱(五神)。すべて独り神として「身を隠した」とある。現象の背後に潜んでいる宇宙力のことだろうか。  ※別天神と項立てしないが、本文では国常立・国狭槌・豊斟渟の三神がそれに当たる。
アメノミナカヌシ  天之御中主神(※脚注を参照)
 天地がひらけた時に高天原に生まれた神。高天原の中央神で、独り神。
 本文に記載のない神で、本文では国常立尊が初発の神。「一書群」六書のうち第4書にだけはある。
タカミムスビ  高御産巣日神。独り神。  同上
カミミムスビ  神御産巣日神。上記タカミムスビとペアで、生成力の神格化。ただし、これも独り神である。  同上
ウマシ
アシカビヒコジ
 宇摩志阿斯訶備比古遅神
 葦の新芽がつんつん伸びていくような成長力を神格化。独り神。
「一書群」の第2・3書で最初の神。
アメノトコタチ  天之常立神
 天上界の根底を形成する神。
「一書群」の第6書で最初の神。
<神世七代>
クニノトコタチ  国之常立神
 地上界の根底を形成する神。独り神として身を隠した。
 本文および第1・4・5書では最初に生まれた神。「国之底立」という転訛も見える。
トヨクモヌ  豊雲野神
 直訳すれば「豊かな雲のような神」だが、原子雲(プラズマ)的な存在だろうか。これも独り神として身を隠した。
 本文では豊斟渟尊。他は第1書に豊国主尊(豊組野などの別説あり)等とあるのみ。
  ウイジニ
 
(妹)スイジニ
 宇比地邇神・須比地邇神
 土(泥土・砂土)の神格化。ここからの五代は陰陽(ペア)神となる。
 本文のみに泥土煮尊・沙土煮尊とある。
  ツヌグイ
 
(妹)イクグイ
 角杙神・活杙神
 名義は不詳だが、泥土や砂土に杭を打ち込んで土地に高低や囲いを作るような働きの神格化か。
 記載なし
  オオトノヂ
 
(妹)オオトノベ
 意富斗能地神・大斗乃辨神
 名義は不詳だが、書紀の別注「大富道尊・大富辺尊」などから類推すると、見渡す限りの広大な土地(原野)の姿を彷彿とさせる。
 本文のみに大戸之道尊・大苫辺尊。別注に大富道尊・大富辺尊などとある。
 オモダル
(妹)アヤカシコネ 
 於母陀流神・阿夜訶志古泥神
 書紀の表記を参照すると「於母陀流」は「面足る」で、地表面が十分に整ったことの神格化だろう。「あやかしこ」が「とても素晴らしい」の意義なら、ドロドロののっぺらぼうだった地表面が固まり、海・山・川の領域が出現した様をほめたたえる意識の神格化ということになる。
 本文のみに面足尊・惶根尊。後者の別注に吾屋惶根尊などとある。
 イザナギ
 (妹)イザナミ
 伊邪那岐神・伊邪那美神
 単なる陰陽から明確に男女(雄雌)の意識を持った存在として生まれた神々。夫婦神の初発。
 本文では伊奘諾尊・伊奘冉尊。
(注)天之御中主神…天地の初発、つまり宇宙開闢の際にその中心となった神。
 この神を祭る社はほとんどが「妙見宮(みょうけんぐう)」「妙見神社」というが、妙見とは「北極星」を現しているという。密教系の仏教に淵源があり、両部神道の教義にも採用されて普及を見たが、明治以降の神仏分離政策で妙見という名称を「天之御中主神社」(鹿児島市)とか、「八代神社」(八代市)というように替えたものが多い。
 このアメノミナカヌシと次に生まれたタカミムスビ・カミミムスビとを併せて「造化の三神」と呼ぶ場合がある(『日本神話の構造』大林太良、72ページ)。「ムスビ」というのは「結ぶ日」であり、日のエネルギーを結び合わせて形あるものにする作用であるから、「造化」というに相応しいのだろう。
 古事記(712年成立)にあって後発の日本書紀(720年成立)にないのは解せないが、編纂期間は日本書紀の方がはるかに長くかつ古いことから考えると、古事記の独自性と言うべきだろう。さもなければ日本書紀編纂過程において「(天武)天皇家の由来に直接関与しない神々」とみなされ、カットされたのかもしれない。


          神話の部A 終り                  
目次に戻る