【記紀を読む】 〜神話の部(古事記)〜

 
  B 伊邪那岐命と伊邪那美命


 
      ※イザナギ・イザナミという男女神による地上界の生成が始まる。
     ※古事記では「神」と「命」とを区別し、前者は神霊的、後者は人格的な場合に用いている。
      ただし、日本書紀では「命」ではなく「尊」が使われている。

生成した物象と神々 備 考
(1)国土の
 修理固成
 天つ神より「国土の修理固成」を言い渡されたイザナギ・イザナミ両神は天の浮橋に立ち、天の沼矛で塩をころころとかき混ぜると於能碁呂(オノゴロ)島が出現した。 オノゴロ島…岩波文庫本脚注では「自然に凝り固まってできた島だが、不明」とするが、地球のことだろう。「ゴロ」は回転の意味で<自転>と考えてよい。
(2) 
 イザナギ
イザナミ両神  の結婚
 オノゴロ島に天降った両神は天の御柱を見立て八尋殿を見立ててまぐわい(性交)をした。初めはイザナミの方から声をかけてまぐわいをしたので「水蛭子」が生まれ、また「淡島」を生んだが、どちらも子の数に入れなかった。「水蛭子」は葦船に入れて流してしまった。
 ※この記事から先は「イザナギ・イザナミ神」ではなく、「イザナギ・イザナミ命」と表現されるようになる。
水蛭子…ひるこ。脚注では「蛭のような骨なし子か」とするが、昼間の性交で生まれた子と考える。正常な営みではない。鹿児島県の国分(霧島)市には流されて漂着した所だという蛭児神社がある。
(3) 
 大八島国   の生成
 天つ神に言問いをして誤りを正した両命からは島々が次々に生まれた。
 1.淡道の穂の狭別島…淡路島
 2.伊予の二名島(伊予国=愛比売・讃岐国=飯依比古
     粟国=大宜都比売・土佐国=建依別)…四国島
 3.隠岐の三子島(之忍許呂別)…隠岐の島
 4.筑紫島(筑紫国=白日別・豊国=豊日別・肥国建   日向日豊久士比泥別・熊曽国=建日別)…九州島
 5.伊伎島(比登都柱)…壱岐島
 6.津島(之狭手依比売)…対馬
 7.佐度島(亦の名は無し)…佐渡島
 8.大倭豊秋津島(御虚空豊秋津根別)…本州島
   −以上が大八島国−
 9.吉備児島(建日方別)…児島
10.小豆島(大野手比売)…小豆島
11.大島(大多麻流別)…周防大島
12.女島(一根)…姫島
13.知訶島(乃忍男)…値嘉島・五島列島
14.両児島(両屋)…種子島・屋久島

 ※古事記本の脚注では「(両児島は)長崎県の男女群島  」とする。 
肥国…令制国の肥前と肥後北部を併せた領域。
亦の名を一般には「建日向・日豊久士比泥別」と区切り、日向国が入り込んでいる―と解釈するが、私見では「建日に向かい、日豊かなる奇日(久士比)の根(泥)分け(別)」とし、建日すなわち熊曽国に相対しており、神霊の豊かな大王の分国―と解釈する。
 この肥国こそが邪馬台国連盟の領域である。
…あめ。14の島々のうち7つの亦の名に「天」が付く。亦の名自体がどうして付加されたのかも不明だが、説明が付きそうなのは伊伎(壱岐)島の「壱=比登都」、両児島の「両児=両屋」くらいである。
 天=海と解釈してみたいが、そうすると9.10.11.の島々には付いていないことの説明がつかない。
(4) 
神々の生成

○イザナミが産んだ神々
…19神
○ハヤアキツヒメが産んだ神々…12神
○ノヅチが産んだ神々
…8神
○ワクムスビが産んだ神
…1神
合計40神
1.大事忍男神 2.石土毘古神 3.石巣比売神
4.大戸日別神 5.天之吹男神 6.大屋毘古神
7.風木津別之忍男神 8.大綿津見神(海神) 9.速秋津日子神(水戸神)10.速秋津比売神

 <9.速秋津日子神と10.速秋津比売神の後裔>
1.沫那芸神 2.沫那美神 3.頬那芸神 4.頬那美神
5.天之水分神 6.国之水分神 7.天之久比奢母智神
8.国之久比奢母智神 9.支那都比古神(風神) 10.久久能智神(木の神) 11.大山津見神(山の神) 12.鹿屋野比売神(野の神=亦の名:野椎神))

 <11.大山津見神と12.野椎神の後裔>
1.天之狭土神 2.国之狭土神 3.天之狭霧神 4.国之狭霧神 5.天之闇戸神 6.国之闇戸神 7.大戸惑子神 8.大戸惑女神 

11.鳥之石楠船神(天鳥船) 12.大宜都比売神 13.火之夜芸速男神(火之R毘古神:火之迦具土神)

<イザナミ神の死から生まれた神>
14.金山毘古神 15.金山毘売神 16.波邇夜須毘古神 17.波邇夜須比売神 18.弥都波能売神 19.和久産巣日神(子:豊宇気毘売神)
神々…「神」とは何か?
 一般的には神霊現象を司る存在であり、物象そのものを指すものではないが、古来の神道では自然に発生したものはすべて神であるーという認識があり、石ころから宇宙の運行まですべてが神々による神々しい現象に他ならなかった。
 あとは倭語でどう表現するかの一点に最大の関心が払われ、名付けられたのである。
イザナミの死…国土が修理固成されたあとの地球に出現したものは必ず死を迎える。イザナミとて例外ではない。
 火の神を産んで陰部が焼けただれて死んでいったという描写は、火山の噴火活動を想わせ、これら生成神話の舞台は南九州ではなかったかとも考えられる。
(5) 
 火神被殺
20.泣澤女神…ナキサワメ。イザナミの死を悼むイザナギの涙から生まれた。香山の畝尾の木本に祀った。
○イザナミの墓は出雲国と伯耆国の境の比婆山にある。
21.石拆神 22.根拆神 23.石筒之男神…以上の三神はカグツチの頸を斬った際に刀の先から生まれた。
24.甕速日神 25.樋速日神 26.建御雷之男神…以上の三神は刀の元の部分の血から生まれた。
27.闇於加美神 28.闇御津羽神…以上の二神は刀を握った手から漏れ出た血により生まれた。

 <殺されたカグツチの身体から生まれた神々>
1.正鹿山津美神 2.於藤山津見神 3.奥山津見神 4.闇山津見神 5.志芸山津見神 6.原山津見神 7.戸山津見神 

○カグツチを斬った刀を天之尾羽張(亦の名:伊都尾羽張)という。
・泣澤女神…泣くことの神格化というのは面白い。泣き女は朝鮮半島の風俗にもある。
 鹿児島県の肝付町波見には畝傍神社(祭神:泣澤女)があり、泣澤女が「畝尾」に祀られたというこの古事記の伝承に一致している。
建御雷之男神…別名は建布都神・豊布都神。葦原中国のオオクニヌシに国譲りをさせ、天孫降臨の段取りをした神。
(6)
 黄泉の国
 イザナギは黄泉の国に行ってしまったイザナミを追うが、黄泉の食物を食べたイザナミは帰れず、すでに死体には蛆がたかっており、頭に大雷、胸に火雷、腹に黒雷、陰部には拆雷、左手に若雷、右手に土雷、左足に鳴雷、右足に伏雷の併せて八つの雷神が生じていた。
 姿を見られたイザナミは逆に黄泉の醜女にイザナギを追いかけさせる。イザナギは途中で蒲子や笋を投げつけて醜女の追撃をかわした。さらに八雷神を1500の黄泉の国軍とともに追わせるが、十拳の剣で防ぎつつ黄泉の比良坂に至り、その坂本にある桃子三つを擲つと黄泉軍はことごとく逃げていった。イザナギは桃子に「意富加牟豆美命」と名付けてほめたたえた。
 最後にイザナミ自らが追って来たが、イザナギは比良坂の入り口に千引き岩を据えて防いだ。岩を挟んで二神は対面し、イザナミが「毎日、千人を縊り殺してやる」というとイザナギは「毎日、千五百の産屋を建てる」と応じた。このため人間は毎日千人が死に、千五百人が生まれるようになったという。これ以来イザナミ命を「黄泉津大神」というようになった。
死体には蛆…墳墓を開けて死体が見えるのは、土葬かつ石室のある古墳であることからして、この説話は古墳時代に創作されたものである。
黄泉の醜女…よもつしこめ。
蒲子や笋…えびかずらのみやたかむら。葡萄の実と筍(たけのこ)。山野に自生する美味である。
十拳の剣…とつかのつるぎ。出雲神話でスサノヲがヤマタノオロチを切り刻んだのも十拳の剣であった。
桃子…桃は古来、邪気を払う果物とされる。
(7)
 禊祓い
   と
神々の化生
○イザナギ大神は黄泉という穢い国に行ったために禊祓いの必要を感じ、竺紫の日向の橘の小門の阿波岐原に行って禊祓いをした。この時に生成した神々はー
1.衝立船戸神 2.道之長乳歯神 3.時量師神 4.和豆良比能宇斯能神 5.道俣神 6.飽咋之宇斯能神 7.奥疎神 8.奥津那芸佐毘古神 9.奥津甲斐弁羅神 10.辺疎神 11.辺津那芸佐毘古神 12.辺津甲斐弁羅神
(以上の12神は身に着ける物を脱いだ時に生まれた。)
○イザナギは中つ瀬に入って禊ぎをした。この時に生まれた神々はー
1.八十禍津日神 2.大禍津日神 3.神直毘神 4.大直毘神 5.伊豆能売神 6.底津綿津見神 7.底筒之男命
8.中津綿津見神 9.中筒之男命 10.上津綿津見神 
11.上筒之男命 12.天照大御神 13.月読命 14.建速須佐之男命
(以上の14神は身をすすぐことで生まれた。)
竺紫の日向の橘の小門の阿波岐原…天竺の「竺」(じく)を使った竺紫は「筑紫」(九州島)ではない―とする説もあるが、「筑紫」を現地の人は「ちくし」と読んでおり、「じくし」はこの「ちくし」の転訛であろう。
 日向も橘も小門(小戸)も阿波岐原も宮崎市としてよい。ただし中つ瀬は上つ瀬、下つ瀬とともに川の瀬であろうから、実際に禊ぎをしたのは大淀川上流の曽於市末吉町南郷の檍神社周辺と考えることも可能である。
(8)
 三貴神
   の
  分治
 (7)の最後に生まれた天照御大神・月読命・須佐之男命はそれぞれ<左目から><右目から><から>生まれている。
 イザナギはアマテラスに頸珠(首飾り)を渡して<高天原>の統治をゆだねた。
 次にツキヨミには<夜の食国(おすくに)>の統治を、そしてスサノヲに対しては<海原(うなばら)>の統治を行うよう命じた。
左目・右目・鼻…ひだり(左)とは「日足り」であり、太陽が常に満々としているように霊力が豊かであることを、みぎり(右)とは「身切り」であり、月に満ち欠けがあるように肉身の死と再生を意味している。鼻は空気(風)の通り道であり、荒々しい海原に対応する。
(9)
須佐之男命   の
  涕泣
 三貴神のうち須佐之男命だけは統治するように命じられた海原には行かずに、髭が伸び放題になるまでずっと泣きじゃくっていた。
 父のイザナギ大神が問うと「自分は母の国である<根の堅州国>へ行きたいのです」と言って聞かなかった。
 怒ったイザナギは「お前はここに住むに相応しくない」といって追放した。
 イザナギ大神は淡海の多賀(滋賀県の多賀大社)にいます。
根の堅州国…ねのかたすくに。直訳すれば、植物の根が生えている地中の堅い国。変化の少ない永久の国ーということか。母をイザナミとすれば、黄泉の国ということになるが、イザナギの禊ぎから生まれたのであるから母は無いはずである。
淡海の多賀…日本書紀では、淡路の幽宮(かくりのみや)に隠れたーとある。
※日本書紀
 との比較
●(3)大八島国の生成について、書紀では第10書まであるが、いずれも不完全であり亦の名も無い。
●(4)神々の生成について、本文では「海、川、山、木、草など大八島国とともに山川草木を生んだ・・・」とあるだけですぐに三貴神の化生に移る。ただし「一書」は11書まであり、そのうち第6書以下第11書は(5)〜(9)の内容を含み本文以上に詳しく書いてあるものが多い。
 特に第6書は古事記の内容と比べて遜色がない。この書では三貴神の名も古事記と同じで、使う漢字は異なるものの天照大神・月読尊・素戔嗚尊である。
 また、イザナギの禊ぎで生まれたソコツツノヲ・ナカツツノヲ・ウワツツノヲの三神を「是れ住吉大社の大神なり。」また「ソコツワタツミ命・ナカツワタツミ命・ウワツワタツミ命は、是れ阿曇連等が祭るところの神なり。」と、奉祭社と奉祀者を明記しており、貴重な史料となっている。
・書紀では伊邪那岐・伊邪那美は伊弉諾・伊弉冉。
 また三貴神について本文ではそれぞれ大日霎貴(おおひるめむち)・月神・素戔嗚尊と表現している。

住吉三神…漢字では底筒男命・中筒男命・表筒男命
阿曇連の奉祀三神…漢字では底津少童命・中津少童命・表津少童命と書く。
 

        この項終り                             目次に戻る