【記紀を読む】 〜神話の部(古事記)〜

 
    C 天照大神と須佐之男命

※母であるイザナミが死後に支配している「根の堅州国(ねのかたすくに)」に行きたいと泣き喚いた須佐之男命に対して、父のイザナギはついに怒って高天原から追放する。
 スサノヲはその前にアマテラスに下界に降りることを告げようとして会いに行くが・・・。

概     要 備 考
(1)
 須佐之男
   の
  昇天
 スサノヲがアマテラスの高天原(宮殿)に登って行くと、国土が揺れ動いた。
 アマテラスは国土を奪われるのではないかと警戒し、髪をミヅラに巻き、八尺の勾玉を身に掛け、弓を射る態勢で、稜威(いつ)の男建びを踏んで待ち構えた。
 スサノヲはアマテラスのもとを訪れた理由を告げ、さらに穢い心がないことを証明するために<誓ひ(うけひ)>をして子どもを生もうと提案した。
宮殿…高天原を統治するアマテラスだが、宮殿としては(3)のスサノヲの暴虐狼藉の描写で「大嘗祭殿」「忌服屋」と出てくるが、果たしてこれが宮殿なのか、明確ではない。
(2)
天の安の河
   の
  誓約
 <誓い>は天の安の河を挟んで行われた。
 はじめにアマテラスがスサノヲの十拳の剣を受け取り、三段に折ると「瓊音(ぬなと)ももゆらに、天の真名井に振り滌(すす)ぎ、さ噛みに噛みて吹き棄つる気吹きに」神が生成した。その神は次の三女神であった。(物実はスサノヲの剣)
  1多紀理毘売(タキリビメ)命=亦の名・奥津島比売命
                     胸形の奥津宮に鎮座
  2市寸島比売(イチキシマヒメ)命=亦の名・狭依毘売命
                       胸形の中津宮に鎮座
  3多岐都比売(タキツヒメ)命=亦の名無し
                     胸形の辺津宮に鎮座

 次にスサノヲがアマテラスの身に着けている珠を受け取り、「瓊音(ぬなと)ももゆらに、天の真名井に振り滌(すす)ぎ、さ噛みに噛みて吹き棄つる気吹きに」神々が生まれた。その神は次の五男神であった。(物実はアマテラスの勾玉)
  1正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命
   (マサカツアカツカチハヤヒアメノオシホミミ)
   …アマテラスの左のミヅラに着けていた八尺の勾玉から。
  2天之菩卑能命(アメノホヒ)…右のミヅラの勾玉から。
  3天津日子根命(アマツヒコネ)…御蔓(まげ)の勾玉から。
  4活津日子根命(イクツヒコネ)…左手の勾玉から。
  5熊野久須毘命(クマノクスビ)…右手の勾玉から。 
胸形…むなかた。胸形(宗像)君の支配地。福岡県宗像市に宗像神社がある。奉祀者の宗像氏は海洋民で皇孫守護のために三女神を祭るが、父親であるスサノヲを祭ることはない。
身に着けている珠…正式には「八尺勾玉五百箇御統珠」。
天之菩卑能命…割注に子の建比良鳥(タケヒラトリ)の後裔が載る。
 出雲国造・武蔵国造・上兎上国造・伊自牟国造・津島県主・遠江国造などの祖。
天津日子根命…凡河内国造・額田部湯坐連・茨木国造・倭田中直・山代国造・馬来田国造・道尻岐閉国造・周芳国造・倭淹知三枝部造などの祖。
(3)
 須佐之男
   の
  勝さび
 スサノヲは自分の剣を物実(ものざね)として三女神が生まれたので「我が生める子は手弱女であるから、心が清い証拠」とばかり勝ちさび、アマテラスの営む田の畔を壊し、水路を埋め、大嘗祭を行う殿に糞尿をまき散らしたりした。
 アマテラスは我慢してこらえていたが、スサノヲはそれをいいことに図に乗り、忌服屋に皮をはいだ天の斑駒を投げ入れて天の服織女を驚死させてしまう。
物実(ものざね)…剣を男性性器に見立てる物実説があるが、確かに一理ある。今日風にいえば遺伝子ということになるだろうか。
(4)
天の石屋戸
 スサノヲの行状に驚き畏れたアマテラスは天の「石屋戸」に引きこもってしまう。すると高天原は真っ暗になり、葦原中国までが闇に閉ざされた。
 諸々の災いが現れ始めたので、八百万の神々は天の安の河原に集まった。そしてタカミムスビの子・思金神を中心に、鏡・八尺勾玉五百箇御統珠を作り、天の香山の真榊を根っ子ごと掘り上げてそれに作った勾玉と鏡を掛け、下枝には白和幣と青和幣を取り付けて、天宇受売(アメノウヅメ)に踊りをおどらせたところ、八百万の神々が大笑いをしたので高天原が揺れ動くほどになった。
 アマテラスは何事かと石屋戸の隙間から覗いてたところで、アメノウヅメが「あなた様より素晴らしい神がいらっしゃるので、皆大喜びをしております」と応じた。
 そう言っている間に天児屋命布刀玉命が新しく作った鏡を見せるとアマテラスが身を乗り出したので、隠れていた天手力男命がアマテラスの手を引き、ついに石屋戸から引き出すことに成功した。そうすると高天原も葦原中国もどちらも照り輝くようになった。
 八百万の神々は協議してスサノヲの背に千位の置戸を負わせ、髭も爪も引き抜いて高天原から追放した。
思金神…おもいかねの神。思い(意見)を兼ね合わせる神という意味。
天の香山…大和三山の天香久山になぞらえられる。説話の方が先だろうが。
天児屋命…あめのこやね命。藤原氏が祖神としている。宮崎県西都市の茶臼原古墳群の中に「児屋根塚古墳」(全長110m)があり、天児屋命の墓と伝えている。
布刀玉命…太玉とも書き、鹿児島県鹿屋市輝北町には太玉神社があるが、フトダマを祀る神社は極めて珍しい。ただし由緒は不明である。
(5)
五穀の起源
 追放される直前、スサノヲは大気津(オホゲツ)比売に食べ物を乞うたところ鼻・口・尻から取り出して提供しようとした。するとスサノヲは「けがわらしい仕業」と怒り、オホゲツヒメを殺してしまった。
 オホゲツヒメの死体からは、頭に蚕、目に稲種、耳に粟、鼻に小豆、陰部に麦、尻に大豆が生まれた。そこでカミムスビ神はこれらを種とした。
五穀…稲・麦・粟・大豆・小豆または稲・麦・粟・豆・稗(ひえ)を指す。
オオゲツヒメ…書紀の一書では「ウケモチ神」。死体化生説話はイモの文化圏に多くみられるという。
(6)
須佐之男命
   の
 大蛇退治
 スサノヲは出雲国の肥川上流の鳥髪という地に降った。すると川の中に箸が流れてきたので近くに人家があると考え、尋ねて行くと老夫婦に出会った。老夫婦は童女を中にして泣いていた。
 名を問うと翁は「国つ神・大山津見神の子で足名椎(あしなづち)。妻は手名椎、娘は櫛名田比売。」と答えた。泣いている理由は「私たちの娘は8人いたのですが、高志の八俣(八頭)の大蛇が来て毎年一人ずつ喰われ、今年は最後のこの子が喰われてしまうので泣いている」とのことであった。
 スサノヲは大蛇退治を請け負う代わりに娘を貰い受け、娘を爪櫛に変えてミヅラに隠した。そして八塩折りの酒と八つの門、八つの酒船を用意させて現れた大蛇に飲ませて酔わせ、十拳剣で大蛇を切り刻んだ。
 尾の部分を斬ったところ刃こぼれがして中から<都牟刈の大刀>が出現したので、アマテラスに献上した。これを別名<草薙の大刀>という。
 大蛇退治を終えたスサノヲは須賀の地に宮を立てた(須賀の宮)。そこに櫛名田比売を迎え、父の足名椎を宮の首(おびと)に任命した。宮の建つ辺りに雲が立ち上ったのでスサノヲは歌を詠んだ。
  八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに 
          八重垣作る その八重垣を
・須佐之男の子(三柱)
 この宮で櫛名田比売の生んだ子…八島士奴美神一柱。
 大山津見神の娘・神大市比売の生んだ子
                   …大年神・宇迦之御魂神二柱。
・次世代以後の系譜
 八島士奴美神(妃:木花知流比売)ー布波能母遅久奴須奴神(妃:日河比売)ー深淵之水夜礼花神(妃:天之都度閇知泥神)ー淤美豆奴神(妃:布帝耳神)ー天之冬衣神(妃:刺国若比売)ー大国主神(別名:大穴牟遅神、葦原色許男神、八千矛神、宇都志国玉神) 
肥川…斐伊川のことで、岩波文庫脚注では鳥髪とは船通山(1143m)だろうとする。島根県と鳥取県との境にある。
大山津見神…オオヤマツミはイザナミが生んだ神々の中の「速秋津比売」の子であるが、オオヤマツミの子の中に足名椎はいない(B伊邪那岐命と伊邪那美命の(3)神々の生成を参照)
櫛名田比売…クシナダヒメ。書紀では「奇稲田姫」とあり<素晴らしい田>の擬人化に違いない。
高志の八俣の大蛇…高志は「越」で越前・越後方面。八俣は頭が八つあることで越の国からやって来る多くの製鉄集団を擬人化したものと思われる。
 赤々と燃え盛るタタラ(ふいご)製鉄により山林が燃料として伐採され、良田が土石流などにより壊滅していく様を神話化したのであろう。

       この項終り                                   目次に戻る