【記紀を読む】 〜神話の部(古事記)〜

 
    E 葦原中国(あしはらのなかつくに)の平定


 ※日本書紀ではいわゆる「出雲神話」(前項D)が無く、スサノヲの高天原追放後に出雲で生まれたオオナムチ(葦原色許男)が治める地上界(葦原中国)に君たるべく、アマテラスの孫・ニニギノミコト
を降そうーという詮議が始まる。ここからが「神代・下」となる。
  この詮議から以降、中国の平定に至るまでの筋書きは記紀ともに同じである。

概     要 備  考

天菩比神

(アメノホヒ)
 アマテラスはわが子・正勝吾勝勝速日天忍穂耳命を地上界の統治者として天降したが途中の「天の浮橋」から下界を眺めたオシホミミはその騒がしさに恐れをなして戻って来た。
 協議の末、天菩比神を地上界に遣わしたが、アメノホヒは地上界の王・オオクニヌシに媚びついて3年経っても復命しなかった。
天忍穂耳…アマテラスの長男。左のミヅラに着けてあった勾玉から生まれた。
天菩比神…書紀では天穂日で、穂は稲穂、日は霊力を表す神。

天若日子
 タカミムスビがアマテラス、および諸神に地上界への使者を誰にするか問うたところ思金神が天若日子を推薦した。ワカヒコは天之麻迦古弓と天之波波矢を携えて下ったものの、オオクニヌシの娘・下照比売を妻とし地上界に居着き、その王者たらんとして8年も音信がなかった。
 高天原から「雉(きぎし)」が遣わされて真意を問わせたが逆に射殺されてしまう。そこで高木神は地上に返し矢を放ったが、まさにワカヒコの胸に当たりワカヒコは死んでしまう。
 ワカヒコの弔いに降って来た父母が悲しんでいるところへアヂシキタカヒコネが弔問にやって来たが、ワカヒコと瓜二つなのを見て「生きている」と取りすがった。アジスキタカヒコネは死人と間違えられたのに腹を立て、十掬剣で喪屋を斬り伏せ足で蹴飛ばした。
 飛んで行った喪屋は美濃国の「喪山」になった。また剣を別名「大量」「神度剣」と云う。
タカミムスビ…正式には高御産巣日。別天神(ことあまつかみ)で独り神である。これ以降は「高木神」と表現されることが多い。
アヂシキタカヒコネ…正式には阿遅志高日子根。オオクニヌシが宗像奥宮のタキリビメに産ませた長子で、「迦毛之大神」の異名がある。Dの出雲神話では活躍がない。
大量…おおはかり。書紀では大葉刈。葉は刃、刈は刀で大刀の意味。

建御雷神

(たけみかづち)
 再度、地上界への使者を詮議したところ、再び思金神が今度は伊都之尾羽張神を推奨した。使いがオハバリを訪ねるとオハバリは息子のタケミカヅチを推薦したので天鳥船神を伴として地上界に降りることになった。 天鳥船…高天原から飛行船のように降りて行った。到達した先はまさに「伊那佐の小浜」であった(4を参照)

事代主神
  の
 服従
 出雲の「伊那佐の小浜」に到着したタケミカヅチは十掬剣を抜いて海中に逆さまに立て、その剣先に胡坐をかいた。そしてオオクニヌシに葦原中国の委譲をを迫った。
 オオクニヌシは子のコトシロヌシの判断を聞いてみようとして砂取りをしている美保に呼びにやったが、コトシロヌシは「天神の御子に奉る」と言い、逆さ手を青柴垣に見做して隠れてしまった。
 
伊那佐の小浜…書紀では「五十田狭之小汀」。出雲大社の西の海岸を稲佐浜という。
コトシロヌシの隠遁…コトシロヌシはどうやら船で流されたようである。「遠流の刑」に処せられたと言い換えてもよい。

建御名方神
   の

  服従
 もう一人の子・建御名方神は地引き岩を軽々と持って現れ、力比べを所望した。ところがタケミカヅチの方が一枚上手で簡単に投げられてしまった。タケミナカタは逃げて信州の諏訪湖まで落ち延びて降参し、葦原中国を献上した。

 大国主神
   の
  国譲り
 二人の子が天神に国を献上すると答えたのでオオクニヌシに選択の余地は無かった。ただ国を譲る条件として「自分の住処を天上の日嗣の恩恵が受けられるように、宮柱を太く建て、高天原に届くような立派な宮殿を建てて下さい。そうしたらひっそりと鎮まっております。またわが子・八重事代主がわが子等「百八十神」をうまく統制し、反逆する神は無いでしょう。」と要求した。
 そして「多芸志の小浜」に天の御舎を建設した。
 タケミカヅチは見届けると高天原に上り、葦原中国の平定を復命した。
多芸志の小浜…たぎしのおばま。「たぎし」は釣り針。ここに建てた御殿は出雲大社のことだが、当時の肥の川(斐伊川)は宍道湖ではなく日本海へ直接注いでいた。河口が「伊那佐の小浜」で少し上流にこの多芸志の小浜があった。

          この項終り                               目次に戻る