【記紀を読む】 〜神話の部(古事記)〜

 
   F 邇邇芸命


 ※いわゆる「天孫降臨神話」。また降臨した場所と物語の舞台が古日向なので「日向神話」とも呼ばれる。天皇家の始祖・ニニギノミコトがオオクニヌシの支配していた「葦原中国」をオオクニヌシに代わって支配をするようになるわけだが、その経緯を述べている。

概    要 備 考

天孫の誕生
 葦原中国が平定されたので、アマテラスは高木神の命により太子である正勝吾勝勝速日天之忍穂耳(マサカツ・アカツ・カチハヤヒ・アメノオシホミミ)命に葦原中国に降って治めるよう勅した。
 だが、オシホミミが準備をしている間に天邇岐志国邇岐志天津日高日子番能邇邇芸(アメニギシ・クニニギシ・アマツヒタカキヒコ・ホノニニギ)命が生まれたので、この子を降すことになった。ニニギはオシホミミと高木神の娘・ヨロヅハタトヨアキヅシヒメとの間に生まれた子で、上に天火明(アメノホアカリ)命がいる。
天之忍穂耳…「まさに勝った・吾が勝った・勝ち方が素早い・天の穂を推し進める王」という意味で。耳(ミミ)が付くのは古日向すなわち投馬国生まれの王ということである。
邇邇芸…ニギは「にぎにぎしい・賑わう」で豊穣を連想させる。また日高を「ヒコ」と訓じている書が多いが、これは「日高き(日が高い=高徳な)」と訓ずべきである。

猿田毘古神
 サルタビコ。ニニギが高天原から地上に降ろうとしたとき、天の八衢(やちまた)にいて高天原と葦原中国を共に照らしていた。アマテラスは高木神の命により、アメノウヅメ神に勅して詰問させたところ、天孫ニニギを先導しようと待ち構えていたことが分かった。 高木神の命…1にもあるようにアマテラスは天孫の天降りにあって高木神の「命もちて」、すなわち命ずるところに従がったのであるが、この高木神がどのような神かは諸説がある(欄外の注記を参照)。

天孫降臨
 アマテラスはニニギに、天児屋(アメノコヤネ)命・布刀玉(フトダマ)命・天宇受売(アメノウヅメ)命・伊斯許理度売(イシコリドメ)命・玉祖(タマノオヤ)命の五伴緒(イツトモノヲ)を添えて天降らしめた。
 一行にさらに八尺の勾玉・鏡・草薙の剣および常世思金(トコヨノオモイカネ)神・手力男(タジカラヲ)神・天石門別(アメノイワトワケ)神を副えて、こう詔した。
 「この鏡は我が御魂として、私を拝するように拝礼しなさい。思金神はこれから葦原中国で行う政(まつりごと)を担当しなさい」
 以上の二柱の神(鏡と思金神)は、伊勢の内宮(五十鈴の宮)において斎き祭っている。また、登由宇気(トヨウケ)神は伊勢の外宮に祭っている。
 ニニギの一行は天の浮橋にうきじまり、そり立たして、竺紫の日向の高千穂のクジフル嶺に天降った。このときに先触れとなったのは、天忍日(アメノオシヒ)命と天津久米(アマツクメ)命であった。
 降りた所でニニギは「ここは韓国に向かい、笠沙の御前を真来通りて、朝日の直刺す国であり、夕日もまた日照る国だ。素晴らしい場所である。」といい、ここに宮を建てて住居とした。
五伴緒…上記の従者5名のこと。天児屋命は中臣連の祖、布刀玉命は忌部首の祖、天宇受売命は猿女君の祖、伊斯許理度売命は鏡作連の祖、玉祖命は玉祖連の祖。
五十鈴の宮…いすずのみや。伊勢内宮の社前を流れるのが五十鈴川。私見ではこれは「イソスズカワ」と読む。
 今年(2013年)は20年に一度社殿を建て替える式年遷宮の年に当たり、この古事記の記載からも伊勢神宮の創建の古さが証明される。
天忍日、天津久米…前者は大伴氏の祖先、後者は久米直の祖先。

猿女の君
 天孫一行の先導役になったサルタビコが名乗り出たのは、アメノウズメの功績であるとして、ウヅメにその名を負わせて「猿女君」と呼ぶようになった。
 サルタビコは伊勢の阿邪訶(あざか)に居る時にヒラブ貝に手を挟まれて溺れたが、沈んだ海底では「底どく御魂」、海水をつぶたたせたとき「つぶたつ御魂」、つぶ(泡)が海面に出て割れた時「あわさく御魂」を生んだ。
 伊勢の海から朝廷に贄(にえ)が献上されるが、その中の「ナマコ」については、猿女の君に下げ与える伝統になっている。
猿女の君…サルメノキミ。伊勢外宮の神官・宇治土公氏は猿女の君の子孫と言われている。

木花の
佐久夜毘売
 ニニギが笠沙の岬に出向くと、そこに大山津見(オオヤマツミ)神の娘・神阿多都比売(カムアタツヒメ)亦の名木花佐久夜比売(コノハナサクヤヒメ)がいた。父親のオオヤマツミは婚姻を許し、姉の石長比売(イワナガヒメ)をも添えて寄越したが、姉はたいそう醜く、ニニギは嫌ってオオヤマツミに返してしまった。
 オオヤマツミが言うには「姉の方は長寿をもたらすので添えたのに、返されたら長寿は不可能で、妹の方の木の花が栄えるようにはなりましょうが、花と花の間の短い寿命にしかなりません。」
 間もなくコノハナサクヤヒメは妊娠をしたが、それをニニギに告げると、ニニギはあまりに早い妊娠を疑ったので、サクヤヒメは「もし国津神との間の子であるのなら不幸な出産に、天津神の子なら幸いを得るでしょう」と言って、産屋に火を着けながら子を産んだ。
 火の盛りに生まれたのは火照命(ホデリノミコト=隼人の祖・阿多君)、次は火須勢理命(ホスセリノミコト)、最後が火遠理命(ホオリノミコト)で亦の名は天津日高日子穂穂手見命(アマツヒ・タカキヒコ・ホホデミ)の三子であった。
(※「日高」を「ヒコ」と読まずに「日高き」と読むのは上の備考に同じである。)
笠沙…カササ。鹿児島県の薩摩半島南西部にある地名だが、「笠沙」地名は実は新しく、この神話に因んで後付で創作したようである。しかし近くには「加世田」があり、このカセダが笠沙の元の地名かもしれない。
阿多…アタは古名で、ワタ(海)と同源と思われる。遺跡からは南海産の貝(ゴホウラなど)が数多く発掘されている。
石長比売…私見では「石(イワ)」は「祝う・斎う」のことで、巫女的存在と考える。祭りを絶やさないことが一族繁栄をもたらす―ということだろう。
隼人の祖…書紀での隼人の祖は最初に生まれた「火闌降(ホノスソリ)命」である。
(欄外の注記を参照)
 
(注)
高木神…タカキノカミ。Eの葦原中国平定神話によると、高木神とは高御産巣日神のことである。アマテラス以前から存在する高位の神であればこそ、アマテラスに命じられるのであろう。
 書紀では同じところを「時に高皇産霊尊、真床追衾(まとこおふふすま)を以て、皇孫天津彦彦火瓊瓊杵尊の覆ひて、天降しまさむ。」とあり、古事記の「命もちて」よりもう一歩具体的な描写をしている。
 ところで、高木神が高御産巣日神であるのならば、高御産巣日神は独り神で身を隠した(@別天つ神五柱)のであるから、ヨロヅハタトヨアキヅシヒメなる娘がいる(上の1の項)はずはない。これをどう解釈したら良いのだろうか?今は疑問を呈しておくに留める。

隼人の祖…隼人の祖は古事記では上記のようにコノハナサクヤヒメ(別名・カムアタツヒメ)の長男・火照(ホテリ)命であるが、書紀でも本文では長男であることに変わりはないが、その名は火闌降(ホスソリ)命で、実はホスソリは古事記では二男に生まれている。次にこの異同を表にして示しておく。(上から順に生まれた順番)
古事記 書紀本文 一書 二書 三書 四書 五書 六書 七書 八書
火照命
ホデリ
※隼人の祖
火闌降命
 (ホスソリ
※隼人の祖

なし
ホスセリ ホアカリ なし ホアカリ ホスセリ ホアカリ ホスセリ
火須勢理命
 (ホスセリ
彦火火出見
(ヒコホホデミ
なし ホアカリ ホススミ なし ホススミ ホオリ
ホホデミ
ホヨリ ヒコ
ホホデミ
火遠理命
(ホオリ、別名ホホデミ
火明命
(ホアカリ)
※尾張連の祖
なし ヒコ
ホホデミ
ホホデミ なし ホオリ
ホホデミ
なし ヒコ
ホホデミ
なし
 
 以上の一覧から見て取れるように、「火照命」を隼人(阿多君)の祖としているのは古事記だけで、書紀では本文はじめ他の一書では「ホスセリ」(又は「ホススミ」こそが隼人の祖であるとしている。古事記では第二子にホスセリがあるけれども何の祖とも示していない。私見では「ホスセリ」(火が勢いよく燃えている)のほうが、名にし負うカルデラ火山地帯に住んでいる隼人にふさわしいと思う。
 なお、その他の書では割注として「隼人の祖」と記載しているのは皆無であるが、六書と八書には、ニニギの子ではなく兄として「天火明命(アメノホアカリ)」がいるとし、どちらにも「是れ、尾張連らが遠祖なり」と書いてある。このホアカリは、書紀本文ではニニギの子、すなわちホスソリやホホデミの兄弟としてある。


        この項終り                              目次に戻る