【記紀を読む】 〜神話の部(古事記)〜

 
    G 火遠理命(ホオリノミコト)


 ※日向の高千穂に降臨したニニギ尊は阿多の「神阿多都比売」(別名:木花佐久夜毘売)と出会い
結ばれる。妊娠したがあまりに早いのでニニギに疑いをもたれる。サクヤヒメは疑いを晴らそうと、産屋に火を着けて子を産んだ。古事記では三人兄弟の三番目「火遠理命」が天孫だとしている。

概     要 備  考

海幸彦

山幸彦
 火照(ホデリ)命は海彦として鰭(ひれ)の大きな魚や小さな魚を取り、火遠理(ホオリ)命は山彦として大小の獣を取った。
 ある時、ホオリは「を換えよう」と言ってホデリの釣り針を借りて魚を取ろうとした。しかし全く釣れず、そればかりか借りた釣り針を失くしてしまった。ホオリは自分の十拳の剣をつぶして五百も千も釣り針を作って返そうとしたが、ホデリは貸した釣り針でなければ駄目だとして受け取らなかった。
…さち。原文では「佐知」。「幸い」という意味にとるよりも、「知るを佐(たす)ける」の意義で、「知る」は「支配する」だから、海幸は海の支配者、山幸は山(陸上)の支配者ということだろう。

海神の宮
訪問
 困り果てたホオリが泣きながら海辺に居ると、塩椎神がやって来てその理由を問うた。
 理由が呑み込めた塩椎神は「無間勝間(まなしかつま)」の小舟を造り、海中の綿津見(わたつみ)の神の宮に行けばどうにかなる―とホオリを乗せて流した。
 海神の宮に着いたホオリは桂の木の上から井戸にやって来た従女に水を乞い、従女の寄越した水を入れた玉器の中に首飾りの玉を口に含んで吐き出した。するとその玉は玉器から離れなくなった(※)
 海神の宮のトヨタマヒメのもとへ従女がそのまま持ち帰り、事情を話すとトヨタマヒメは門口まで出てきたが、すぐに感じるものがあった。父の海神はホオリを見て「天津日高の御子、虚空津日高である」といい、中に招じ入れた。そしてそのまま娘と結婚させた。
 ホオリは海神の宮に三年住み続けることになった。
塩椎神…シオツチノ神。古事記本注記のように「潮路を司る神」のこと。書紀の注記では「塩土老翁」を「(海の)潮の霊」とするが、「潮路」の方が航海にはふさわしい。
無間勝間…注記のように「目の詰まった竹籠」の意で、木船とは違って水が入っても運行可能。
(※)…玉は「魂」すなわち「心」の意で、玉器も「魂の器」であるから、心と心が感応しあったということの寓意だろう。

火照命

服従
 三年経ったある日、ホオリが嘆きの言葉を漏らしたのに気付いたトヨタマヒメは父神にそのことを訴えた。父神がホオリに問いただすと、ホオリは海中を訪れたわけをつぶさに語った。
 そこで海神は海の魚を大小となく集め、釣り針の行方を尋ねるてみるとタイ(赤海鰤魚)ののどに引っ掛っていることが分かった。すぐにのどから取り出してホオリに奉ったが、その際に呪文を唱えるよう進言した。
 その呪文とは『この鉤は、おぼ鉤、すす鉤、貧鉤、うる鉤』で、鉤をホデリに返す時にそう唱えながら後手に渡しなさい―というものであった。さらに「兄が高田を作るのならば、汝は下田を、下田を作る時は汝は高田を作るように。私は水の支配者だから三年の内に兄の方は貧窮するだろう。それで攻めて来たら、塩盈珠を出して溺れさせ、次には塩乾珠を出して活かしてやりなさい。」と教えた。
 海神は塩盈珠と塩乾珠の両方をホオリに持たせ、一尋鮫に乗せて陸上へ送り届けた。
 その後は海神の予言の通りになり、ついに兄であるホデリは、「僕は今より後、汝命の昼夜の守護人となってお仕えする」と服従することになった。これがホデリの後裔が今に至るまで、溺れさせられた時の仕種を絶えることなく奉仕している由縁である。
呪文…原文では「於煩鉤、須須鉤、貧鉤、宇流鉤」で、於煩は「煩(わずらい)」が悪意、須須は「必ずもちいる」で善意、貧は「まずしい」で悪意、宇流は「宇都(うつ)・珍(うず)」の意で善意―と、善悪が交互に表れている。「鉤」そのものには善悪は無く、やり方次第で善にも悪にもなるという教えと思われる。
仕種を奉仕…この部分が「隼人舞」の起源とされる。書紀ではホスソリが「俳優(わざおぎ)」になり、ふんどしを締め身体に赤土を塗って扮装する様が書かれている。

鵜葺草
葺不合命
 トヨタマヒメは妊娠をしたが、天つ神の子を海中で生むわけにはいかないとして、海辺(渚)に出て来て産もうとした。そこで鵜の羽を葺き草として産屋を作ったが、葺き終えない内に出産が急迫し、夫のホホデミに「元つ国の姿で産むことになるので、中を覗かないでほしい」と申し渡して子を産んだ。
 ところがホホデミは覗いてしまう。見ると、ヒメの姿は「八尋鮫」になっていた。ヒメはそのことを知ると大いに恥じて、海中に帰ってしまった。この名前は渚で生まれたことに因んで「天津日高日子波限建鵜葺草葺不合命(アマツヒタカキヒコ・ナギサタケ・ウガヤフキアヘズ命)」と名付けられた。
 海宮に帰ったトヨタマヒメは、妹のタマヨリヒメを地上に遣って子の養育をさせることにした。その時に妹に付けて歌を贈ったのがこれである。

 <赤玉は 緒さへ光れど 白玉の 君が装し 貴くありけり>

 これに対するホホデミの返し歌は、

 <沖つ鳥 鴨着(ど)く島に 我が率寝ねし
                   妹は忘れじ 世のことごとに>

 であった。
 その後、ホホデミは高千穂宮に580歳を過ごし、御陵はその高千穂の山の西にある。(※書紀には日向高屋山上陵と記す。)
 ウガヤフキアエズは養育してくれた叔母のタマヨリヒメを后とし、四人の皇子が生まれた。五瀬命、稲氷命、御毛沼命、若御毛沼命(別名:豊御毛沼命・神倭伊波禮毘古命)である。
 三男の御毛沼命は波の穂を踏んで常世国に渡り、二男の稲氷命妣(はは)の国として海原に入りましき。
八尋鮫…やひろわに。「鮫」(さめ)を「わに」と読ませる。鮫のことをワニという地域があるので上古代は「わに」が鮫に使われていたのだろう。
 この「わに」は魚のワニではなく、「船」と考えるのが正解だろう。ウガヤフキアエズは海路、大きな船で列島にやって来たのである。到着した海辺(渚)とは「鴨着く島」(大隅地方)に他ならない。
 (注)出雲神話にシロウサギが隠岐島から「鮫」の背を飛び石にして因幡に渡って来た―とある「鮫(わに)」も船であろう。
580歳…ホホデミ王朝が高千穂一帯にあり、その統治期間が580年続いたということである。25代ほど続いたと考えられる。
稲氷命…『新撰姓氏録』第5巻・右京皇別下に記載の「新良貴(しらぎ)」氏の祖である。(別注へ)
 

(別注)

鵜葺草葺不合
…うがやふきあへず。実に奇妙というか珍妙な名である。
 本文では「鵜の羽を葺草(ふきくさ=茅)にして産殿を造った」とあり、このことから「鵜葺草」(うがや)を採り、鵜の羽を葺き終えないうちに生まれてしまったことから「葺不合」(ふきあえず)を採用して合成させた命名であるというように記す。
 しかし出産が急迫していたので産屋をついに完成させることができず、そのために夫であるホホデミに覗かれてしまうという悪い結果をもたらした原因になっている事象を大切な皇孫の名に付けるというのは、よく考えるとおかしな話である。もっと高尚な命名の仕方があっても良かったのではないか。祖父のホノニニギ(穂がにぎにぎしい)も、父のホホデミ(穂が出てくる)もどちらも「(稲)穂がよく実る」という吉祥語なのであるから、孫のウガヤにも「穂」を冠するような命名が順当な名付けであろうと思うのである。
 そこで、私見ではこの珍妙な命名には実は次のような意味を含んでいると考えるのである。
     ウガヤ…「ウ」は「大」、「カヤ」は「伽耶」。
     フキアエズ…「葺く」は「覆う」、「アエズ」は否定。即ち統治が及んでいないこと。

 以上から、ウガヤフキアエズ命とは「大伽耶を統治できなかった王者」としてよいと思われる。
 倭人(の中でも航海民)で半島に居た王者で、大伽耶すなわち弁韓を統合できなかった人物が想像され、本来なら弁韓(のちの加羅・任那)全体を統治する王家だったが、半島情勢の不穏またはひっ迫により半島を離れ本貫の地、九州島へ渡って来たということを表示(暗喩)した名と考えれば筋が通る。
 その逼迫した原因と時代は記紀からは特定できないが、半島を一時期支配した衛満氏が前漢によって誅伐され、半島に漢の4郡(真番・臨屯・楽浪・玄兔)が置かれた紀元前108年か、三代にわたって半島に蟠踞した公孫氏が魏の大将軍・司馬懿の遠征によって敗れた卑弥呼の時代(238年頃)か、いずれかは決しかねるがおおむねそのような半島情勢のうねりであることは間違いない。

 新良貴…しらぎ。『新撰姓氏録』(弘仁6年=815年7月に編纂者代表・萬多親王らが完成させた姓氏に関する百科辞書。皇別・神別・諸蕃に分類した姓氏が地域別に1182氏記載されている)の第五巻・右京皇別下の最後に次のように載っている。(人名の多くをカタカナ表記にし、数ヶ所に補字を入れた。)

 <新良貴…ヒコナギサタケウガヤフキアヘズ尊の男(子)、稲飯(氷)命の後なり。是は新良(新羅)にて国主と為りたまひき。稲飯(氷)命は新羅国王の祖なり。日本(書)紀に見えず。>

 
これによると、ウガヤフキアエズの二男の「稲氷命」(『姓氏録』では稲飯命)は、新羅国王の祖ということになっており、もしこれが確かだとすると、「妣(はは)の国」とは新羅ということになる。ただし『姓氏録』編纂当時の朝鮮半島は「(統一)新羅」が全域を支配していたため「新羅」としたのだろうが、ウガヤ時代はまだ半島南部では馬韓(百済)・弁韓(任那・加羅)・辰韓(新羅)の三国に分かれており、「新羅国王の祖」が、ここでは必ずしも新羅だけを指しているのではないことを念頭に考えてみなければならない。
 ところで、朝鮮半島の上代史史料である『三国史記』「新羅本紀」によると、初代赫居世(パルクセ)・二代南解次次雄(ナケジジユ)・三代儒理(シュリ)・四代脱解(タケ)のうち、初代と四代は他所からやって来た王で、特に四代目の脱解は倭国の東北千里にある「多婆那(たばな)国」の出身であるとしている。
 したがって倭国出身の倭人王がいた可能性は極めて高く、新羅国王の祖であるということであれば、稲飯(氷)命が初代「赫居世」であると考えてもおかしくはない。(四代目の脱解の出身国タバナは私見では熊本県の玉名である。)

 統一新羅(668年)以前の朝鮮半島には紀元前から多数の倭人が居て、それなりのコロニーを形成していたことは疑いなく、562年の任那(加羅・伽耶)の滅亡に伴う大移動と、白村江の戦いにおける敗戦(663年)による倭国から日本国誕生への大転換を契機に、半島倭人は列島に亡命してくるか新羅(半島)人化して現地にとどまるかして、次第に相互の交流が途絶えて行く中で、「朝鮮(新羅)人」「日本人」の言語的・文化的・政治的な差異が顕著となり今日見るところの日韓の埋めようのない溝にまで発展したに違いない。(近くは韓国併合と終戦後の解消とその軋みが、さらなる溝を深めたと言える。)

 沖つ鳥鴨着く島…「沖つ鳥」は鴨に係る詞である。一般的に、冬になって日本の海辺や干潟に到来する鴨は、冬の間中、岸辺の近くにいて餌をあさり、干潟の葦の茂みなどを棲家としてひと冬を過ごしたのちに朝鮮半島を経由してシベリアなど大陸の北に帰り、そこで繁殖をしてまた翌年南へ渡ってくる鳥である。
 日本列島における生態からは、カモメやアジサシのような海の上を回遊して餌をとる「沖つ鳥」には見えない。それなのになぜ「沖を回遊する鳥」と形容されたのであろうか。
 私見では、鴨が水の上に浮かんで足の水かき(パドル)によって推進していく姿がちょうど櫂によって動かされる船を連想させ、しかも半島を経由して大陸と列島を季節ごとに往来するさまは列島(特に九州島)から半島を往来する海民を髣髴とさせることから、「鴨=半島と九州島とを往来する船」とみなしたのであるが、筑前守であった山上憶良(633年〜733年?)が720年代の神亀年間に作ったという「筑前国志賀の白水郎の歌十首」にはズバリ「鴨=船」としている歌が二首ある。それは次の歌である。

    ・沖つ鳥 鴨とふ船の還り来ば 也良(やら)の崎守り 早く告げこそ(万葉集巻16・3866番)
    ・沖つ鳥 鴨とふ船は也良の崎 廻(た)みてこぎ来と 聞こえ来ぬかも(万葉集巻16・3867番)

 3866番の歌は「鴨のように半島へ行ってまた帰ってくる船がもし帰ってくるのが見えたら、松浦の也良の岬を見守っている番人よ、早くそう告げて欲しい」―という意味で、松浦から船出した志賀の海民・荒雄(あらを)が対馬に向けて出航したのに一向に帰ってこないのを待ち遠しくて詠んだ歌である。だが実際には途中で海の藻屑になったのを筑前の守であった山上憶良が遺族に代わってこう詠んだ。
 3867番の歌は「荒雄の乗った鴨という船が也良の岬をずいぶん遠回りして帰って来たので、いまやっと帰って来ましたよ―と崎守りが報告に来るかもしれない」―という意味で、これも憶良が、もしかしたらひょっこり帰って来るかも、という遺族の一縷の望みを仮託して詠んだものである。
 いずれにしても、鴨がここでは「船(手漕ぎの船)」を表す言葉として使われており、上の私見を支持してくれている。

              
 常世国…とこよの国。アマテラスが岩戸に隠れたら世間は「常夜」行くありさまになった―とある「常夜」も「とこよ」だが、似て非なる言葉で、この「常夜」は真っ暗闇の悪霊の支配する状態を言っている。だが、「常世」は「常に変わらない世」のことで、古事記の「垂仁天皇記」には、三宅連の祖タジマモリが天皇の命令で「常世国」に行き、トキジクノカクの木の実(常に赤々と輝くように実っている果実の意味。橘=みかんの類いか?)を探してくるように派遣され、手に入れて帰国したが、その間に天皇は崩御していたので墓前に供えたのち叫び悲しんで死んだ―という説話がある。
 この「常世国」に三男の御毛沼命が渡って行ったというのだが、この国を岩波文庫本の脚注では「海のかなたにある不老不死の国。済州島ではあるまいか、とする説がある」としている。しかし済州島では朝鮮半島南部とさして変わらない距離にあり、とてもわざわざ派遣してまで取りに行かせる必要はない。半島を越えた遠い西方か、あるいははるか南方の奥地のような場所でなければなるまい。ひょっとしたら「エデンの園」のような常春・常夏の「楽園」的な所をイメージした方がよいのではないだろうか。
 御毛沼命について、『新撰姓氏録』に記載はなく、何も語ろうとしないのが残念である。


           この項終り                         目次に戻る