もう一つの東征(東遷)説話C

 山城国風土記逸文によると、東遷を果たしたカモタケツヌミ(私説ではカモ・タケ・ツ・ミミ)は神武天皇の東征に先立って葛木(葛城)山麓に定住していた。
 曽の国(南九州)のいったいどこをカモタケツヌミは本拠地とし、かつそこから東遷の壮途に就いたのだろうか?

 カモ(賀茂)は鳥の鴨のことであり、鴨は「鴨着く島」南九州から朝鮮半島にまで航海する海人族の比喩であった。このような航海民が蝟集する地としては、ちょうど鴨が汽水域の広がる浅い海浜に群れ集まるのと同様の条件を持つ河口地帯が最適であった。

 南九州で広い汽水域を持ち、なおかつ風や波をさえぎるもの、今日で言う防波堤の如きものを備えた港を探してみると、やはり大きな川の河口がその条件を満たしている。南九州の薩摩半島では万之瀬川河口、川内川河口、米ノ津川河口、大隅半島では肝属川河口、菱田川河口。宮崎県では大淀川河口、一ツ瀬川河口、耳川河口、五ヶ瀬川河口等が挙げられる。これらのうち相当な広さの汽水域(遠浅の干潟)を持つ港というと川内川、肝属川、大淀川に絞られる。

 ところがこの中で大淀川の河口地帯は周りが比較的新しい海岸平野であり、弥生時代に恒常的に人が住めるところではなかった。従って航海民の避難場所ではありえても定住して交易をしたり船造りをすることなどは困難であった。
 そうなると残りは川内川か肝属川の河口ということになる。だがこの二河川の汽水域はそれぞれに個性があって甲乙がつけがたい。

 川内川は海岸の河口から十キロもさかのぼったところ、本流に支流の隈之城川が合わさった現在の川内市の中心地帯がそれに該当する(マップ1)。



 肝属川は支流の串良川の合流点から太平洋に開かれた河口まで、およそ三キロほ続く広大な汽水域を持つ。この地の利点はすぐそこが外海(太平洋)でありながら、境界にはあたかも船溜まりを荒波から守る防波堤のような砂嘴(柏原新砂丘)が北から突き出していることである。しかもこの汽水域の南岸には深い肝属山地が迫っているので、船材を手に入れるのにほとんど苦労を必要としない地理的環境にある(マップ2)。

肝属山地の展望台・権現山(320b)から見る肝属川の河口地域
左端のS字状の流れの右が旧砂丘。真ん中右手のグリーンベルト
が柏原地区に至る新砂丘。この2砂丘の間が広大な汽水域である。

 カモタケツヌミの本拠地を私はここに見る。だが他の河口地域が船だまりとして、あるいは造船所として全く機能していなかったたわけでも、また船材を全く手に入れられなかったわけでもない。またそれぞれの流域には「小カモタケツヌミ」が君臨していたであろう。南九州古日向地域は魏志倭人伝上の投馬国の領域だが、戸数五万という巨大さはそう考えると十分有り得ることである。

   次へ    戻る     このページのトップへ     鴨着く島へようこそへ