もう一つの東征(東遷)D

 カモタケツヌミは南九州の曽の国から神武天皇に先立って大和の葛城に東遷したと『山城国風土記』には書かれているが、そのことを証明できるのではないかと思われる地名が葛城の地にあるので、それを提示して考察してみたい(下図を参照のこと)。

 ひとつは御所市の大字地名「櫛羅」で、現地では「クジラ」と読んでいるが、漢字本来の字音からすれば「クシラ」でなくてはなるまい。これは源順の『和名類聚抄』・郡郷名に記載のある大隅国姶羅郡串占(くしうら=串良)に直につながる地名である。

 というのは次の理由による。

 この御所市大字櫛羅には式内社「鴨山口神社」がある。「延喜式巻第九・神祇神名上」によれば「名神大」で「月次祭・新嘗祭」を官幣によって行う大社であった。祭神は「オオヤマツミ」で山の神である事は言うまでもないが、不思議なのは山の神なのに海鳥である鴨が冠せられていることだ。
 しかも鴨山口神社の建つ土地の小字を「大湊」という。これも海に関する命名そのものずばりであり、いったいどうしてこのような地名になったのか土地の人でも首を傾げるほかないようである。

 しかし山城国風土記が示唆するように南九州の曽の国の串良湊(大隅潟湖=ラグーン)から鴨(鹿子=航海民)族が船団を組んで紀州に至り、紀ノ川ルートで大和の葛城山麓に定住したから、と解けば何ら不思議ではないであろう。


   次へ    戻る    このページのトップへ     鴨着く島へようこそへ