鴨着く島へようこそ

ホホデミの歌

沖つ鳥 鴨着(ど)く島に
わが率(い)寝し

妹は忘れじ

世のことごとに

天孫ヒコホノニニギノミコトの子ヒコホホデミノミコト(山幸彦)と海神の娘トヨタマヒメのロマンス。
 ヒメはホホデミの児を身ごもり、いざ産もうとする時に、産屋の中の姿を見ないで欲しいとホホデミに懇願する。ところが、ホホデミは垣間見てしまった。ヒメの姿は八尋ワニであった。さあ、ヒメは恥じ入り、身の置き所がなくなってしまった。もう海宮に帰るしかない。渚に産み落とした児をそのままに、ヒメは悲しみをこらえながら元つ国の海へ身を翻していった。

その時にヒメが歌ったのは

トヨタマの歌

赤玉は 緒さえ光れど
白玉の

君がよそ(装)いし

貴くありけり


この歌への返しが、最初に紹介した歌であった。

 

渚に産み落とした児はヒコナギサタケウガヤフキアエズノミコトと名付けられた。ヒメは吾が児のために妹のタマヨリヒメを養育者として、渚に遣わしたという。
 このウガヤフキアエズノミコトが神武天皇の父である。
 そして神武天皇は長兄イツセノミコト、次兄イナヒノミコト、三兄ミケヌノミコトと共に南九州の高千穂宮から中つ国大和を目指した・・・・・。