邪馬台国「大倭」

 話が前後してしまったが、肝心の邪馬台国がどこにあり、どのような国情だったかについてこれから述べて行きたい。

 これまでの所論から、邪馬台国が九州にあり、南に狗奴国を含む熊襲国があることを説明した。さらに北の九州北岸に「大倭」(九州北部倭人連合)があったとも述べた。ここがまず、通説の邪馬台国九州説とは異なる点である。

 前項のー「大倭」から大和へーでは『先代旧事本紀』巻十「国造本紀」の記述から、この九州北部倭人連合である「大倭」が東征したがゆえに、現在の奈良県が「大倭」となり、邪馬台国の「やまと」音が付会されて「大倭=やまと」とされ、やがて「倭」という字を嫌って「和」に変えられた結果、「大和=やまと」が誕生したことを導いた。これは本テーマには直接かかわることではないが、九州北部に邪馬台国とは全く別の「大倭国」が存在したとする私説を補強してくれる記事なのであった。


   倭人伝行程記事の素直な解釈

 さて、魏志倭人伝の九州島への行程記事を一切の改変を加えずに辿ってみよう。

 帯方郡治から半島の西岸沿いに南下し、やがて東したあと、船は狗邪韓国に入る。ここは今日の金海市であろう。よくここを釜山市とする説があるが、釜山地区のほとんどはその当時まだ海に覆われていたのでそれはあり得ない。
 狗邪韓国はれっきとした倭国の一国であり、おそらくは邪馬台国のものではなく「大倭」に属していた。何故なら狗邪韓国はその官も副官も戸数も一切が記されていないからだ。もし邪馬台国に属しているとすれば当然魏の友好国であるのだから、記されないはずがない。そのことは「大倭」も同じで、魏の友好国ではない、換言すると魏への朝貢国ではないということを表しているのだ(後述)。

 狗邪韓国からは海峡を渡る。

 千里で対馬国。また千里で一大国(壱岐国)。さらにまた千里で末盧国

 この間はすべて海の上だから距離など計れるわけもなく、おまけにどう見ても相当な距離の違いがあるにもかかわらず、三区間を同じ「千里」で表している。何かが同じだということだろう。それは何か?それは日数なのである。では、何日か?それは一日である他ない。なにしろ海の上で泊まるわけには行かないのだ。

 つまり、狗邪韓国から対馬、壱岐、末盧国まで各区間はそれぞれ一日行程であり、総計三日かかると言っているのである。そうなると水行の千里とは「海上の一日行程」と解けるから、行程記事の最後で「帯方郡から女王国まで一万二千余里」といううちの「一万里」が水行の部分(帯方郡から狗邪韓国までの七千里と狗邪韓国から末盧国までの三千里の合計)で、かかる日数は十日と計上できる。

 残りの二千余里が陸行の部分であり、末盧国に上陸したらあとは歩いて邪馬台国まで行くということを示している。であるから、邪馬台国畿内説を考える余地は全くない。この陸行二千里に要する日数は一ヶ月。

     伊都(イツ)国の位置

 さて唐津といわれている末盧国に上陸したあと、九州説の通説では海岸沿いに糸島半島に向かわせ、そこが「伊都国」だとするのだが、伊都国が糸島半島の前原町周辺であれば、なぜ末盧国で船を捨ててしまうのだろうか? なぜ壱岐から直接、糸島へ行かないのか? なぜ唐津から「陸行五百里」つまり海岸沿いの隘路をわざわざ歩くのだろうか、大切な荷を背負って?

 これらの疑問に対して整合性ある回答を筆者は聞いたことがない

 筆者は唐津から素直に東南を歩かせる。そこは松浦川沿いの道である。
 陸行五百里とはどんな距離だろうか?実はこれも本当の距離ではない。やはりかかる日数なのだ。その根拠は『隋書』にある。『隋書」倭国伝にはこう書かれている。

   倭国は百済・新羅の東南、水陸三千里(の所にある)。大海の中において山島に依りて居る。
  魏の時、中国に訳通するは三十余国、みな自ら王を称す。夷人(注:倭人のこと)にして里数を知らず。   ただ計るに日を以てす。

 魏志の時代より3世紀もあとの倭国の距離観念の状況、がこれである。二地点間を「〜里」と言わず、「〜日かかる」と言っているというのだ。遅れているといえば言えるが、実は今日でも似たようなものだ。鹿児島から東京まで行く時「どのくらいかかる?」と聞かれて「1400キロくらいだ」と答える者はまずいないだろう。すべからく「(飛行機を使って)4時間ぐらいだ」というはずだ。どちらが実用的かはおのずと明らかだろう。

 さて陸行五百里だが、これはいったいどれくらい日数がかかるということを表しているのだろうか。

 総枠から逆算してみよう。邪馬台国まで末盧国からは二千里である。また、帯方郡から邪馬台国までは「水行十日、陸行一ヶ月」であった。水行十日は末盧国までの所要日数であったから、残る陸行一ヶ月が二千里ということになる。

 一ヶ月で二千里だから単純に計算すれば、一日に七十里弱。したがって末盧国から伊都国への所要日数は約7日である。ただ、これは理論値であり、実際には休息や雨、風による休止もあったろうから、正味の日数はは5日ほどだろう。これで五百里が五日の行程、つまり陸上の一日行程は百里と換算できる。この換算はもちろん倭人が行ったのではなく、帯方郡使に従属した魏の官吏がそう換算して記録したのである。

 魏の書記者あるいは史官が、計れもしない距離を無理やり(文字通り杓子定規に)「百里だ、五百里だ、千里だ」と距離表現にしてしまったことで、後世の研究者や好事家をいかに苦しめたことだろう。初めから倭人の言うとおりに所要日数で書いてくれていれば余計な頭脳を使い、ひまどる必要もなかったのだが・・・・。

 さて、一行は唐津から東南へ松浦川に沿って歩くわけだが、当時の道路状況を考えると、多久市かその次の小城市辺りが5日で行ける「伊都国」の領域だろうと推定できる。仮に小城市が伊都国とすると、郡使は一応ここで旅装を解くことになる(郡使の往来、常に駐する所なり=倭人伝)。

    いよいよ邪馬台国に到達

 伊都国の次の二国は放射状に読むべきで、東南百里(一日行程)の奴国は今の佐賀市周辺に、東へ百里(一日行程)の不彌国は大和町辺りに比定できる。

 不彌国の次の投馬国が邪馬台国と同じく帯方郡からの行程で表されていることは、「投馬国の位置」で説明した通りで、今日の鹿児島、宮崎を併せた大国とした。ここではその理由は繰り返さない。

 さて肝心の邪馬台国は小城の伊都国から千五百里、およそ十五日の所要日数でたどり着ける所にある。結論から言うと私見のヤマタイ女王国は八女市周辺である。八女市を流れる矢部川扇状地の奥まった所を卑弥呼の宮殿比定地とする。

 ここは2世紀半ほどのちに現れた筑紫の君イワイの本拠地でもあり、北部九州の先進地域からすると一見田舎に見えるが、イワイが「筑紫の君」として筑紫王国を築いたほどの土地であり、叛乱を起こして物部アラカビ軍に敗れたあと、子の筑紫の君クズコが糟屋屯倉を提供して罪を購おうとしたことで分かるように、九州北岸にまで勢力を保持していたのである。

 女王国の戸数は七万戸とあるが、これは「その余の傍国」の21カ国をすべて合わせた数だろう。その余の傍国の領域は、今日の佐賀県、長崎県のほぼ全域と福岡県の筑後川流域だと思う。一番の南部は烏奴国と奴国で、南の狗奴国(のちの肥後国領域)とは菊池川を境界として接していた(上記の「投馬国の位置」の中の地図を参照)。

 女王国には四等官が置かれていた。イキマ、ミマショウ、ミマワキ、ナカテである。最後のナカテが「ナカトミ=中臣」であろうとは多くの論者が指摘する通りだろう。ただあとは皆目分からないとする。私見ではミマショウ(彌馬升)は「ミマシオ=ミマの男」すなわち「血筋の男」で卑弥呼女王の「男弟」であり、ミマワキは「血筋の脇」で男弟の妻で「女官長」のような職務の女である。千人もいるという婢(おそらく巫女たち)の総取り締まり役だろう。

 問題はイキマ(伊支馬)だが、これを筆者は「生目」とし、江戸時代で言えば「大目付」のような監督官ないしは総督ではないかと考える。ところが同じ監督でも女王国が監督官を立てているのではなく、その主体は「大倭」だったのだ。つまり「諸国間の交易を監督していた」と倭人伝に描かれている「大倭」が、女王国をも監督下においていると考えるのである。そう、女王国は当時「大倭」の保護国になっていた。それを証拠付けるのがイキマの存在というわけである。

     「大倭」とは
 
 「大倭は九州北部倭人連合で、核になったのは後漢の光武帝から金印をもらった「倭の奴国」であり、2世紀の初めにやはり後漢(安帝)に貢献した「倭面土国」の帥升(ソツシオ=襲の男王=タギシミミ)が現れ、漢帝国をモデルとした中央集権国家創設の意志を持ち、南九州の航海民を糾合して東征(投馬国東征)を果たしたあとに北部九州をまとめあげた国家連合というふうに理解する。

 この「大倭」は先に述べた佐賀平野の西の隅に位置する「伊都国」がまだ勢力著しかった頃、筑後川中流の大穀倉地帯をめぐって領有権争いを起こし、長い戦いの末に勝利を収め、それまで佐賀平野全体を傘下に収めていた「伊都国(イツコク=厳国=武装国家)」に代わってヘゲモニーを握ったのであった。この結果、女王国は卑弥呼が擁立され、同時に今度は「大倭」の管理下に入り、イキマなる都督を置かれたと思われる。

 要するに女王国にイキマを置いたのも、交易を監督する役人および伊都国の一大率、そして対馬、壱岐、奴国、不彌国に「卑奴母離(ひなもり)」を置いたのもすべて「大倭」(九州北部倭人連合)であった。

 この「大倭」はどのような存在なのか、それを探ってみよう。
 
 卑弥呼治世の末期の景初年間(237〜239)、朝鮮半島で帯方郡・楽浪郡への叛乱が起きた。首謀者は辰韓である。この辰韓の王は殷王朝の末裔(魏志韓伝、穢伝、高句麗伝、扶余伝による)であった。帯方郡の長官を仕留めたものの、二郡の猛攻に抗すすべなく韓は敗れた。この有様を魏志韓伝は「二郡、ついに韓を滅す」と記す。その時、辰王は九州北部に亡命してきたと考える。

 そして、糸島地域(五十)の支配者「五十迹手(イソトテ)」が非常にまめまめしかったので仲哀天皇が「いそし」と名付けた(筑前国風土記逸文・怡土郡の条)という土地に王宮を構えたようである。崇神天皇(ミマキイリヒコ五十瓊殖)こそがその人だろう。五十瓊殖とは「五十の地において瓊(タマ=王権)が殖える」という意味だからだ(イト郡はもともとイソ郡であるとは、上の筑前国風土記逸文も仲哀紀8年条でも言っていることで、このことからも「伊都国」をイト国と読んで今日の糸島地方に比定するのは誤りであることが証明される。)

 その崇神天皇こと辰王王統を盟主に据えることによって、なお一層九州北部は強固な連合体を形成したのではないか。出自の地である辰韓、つまり後の新羅国に因んで九州北部が「白日別」になり、辰王が初めて馬韓にやってきた時の本貫の地「月支国(ツクシコク)」(魏志韓伝・馬韓条)を採用して「筑紫国」となった経緯はそれで了解されよう。

 この筑紫国(白日別)「大倭」の国情がなぜ倭人伝に記されていないのか?それは魏の史官が書かなかったからである。では、なぜ書かなかったのか。それは国交がない、つまり「大倭」が朝貢していなかったからだろう。その理由は上で述べたように、「大倭」の大王に祭り上げられた辰韓王は魏にとっては反逆者だったからなのである。このように敵対する国や国交のない国は原則として内情は書かないし、第一、情報がないから書けないのだ。

    トヨ女王と豊国(豊日別)

 さて、時は経て、卑弥呼の死(正始8=247年)の後に立った トヨ女王 は20年近くは平穏な統治を行っていた。だが260年代の半ばに「大倭」が東征を果たすと、待ってましたとばかり、南で虎視眈々と女王国を狙っていた狗奴国が侵攻し、トヨはついに国を離れざるを得なくなった。最終的には九州島の東のはずれ、現在の大分県域に定住する。トヨの国すなわち「豊国=豊日別」の誕生である。

 ここまでで古事記の国生み説話における九州(筑紫)島国家群と魏志倭人伝で明らかになった3世紀の九州島国家群との対応を示しておこう。

 筑紫国
  (白日別)
 旧奴国(博多奴国)、五十(イソ=糸島)辰王国、そのほか御笠川、遠賀川流域
 の国家群で、これらをひっくるめて「大倭国」(九州北部倭人連合)と言い、2世紀
 の投馬国東征のあと、3世紀後半に第二次東征を行った(祟神東征)。、
 豊国 
  (豊日別)
 邪馬台国二代目女王トヨが、狗奴国の進攻により亡命して樹立した。山国川以 南の今日の大分県。
 肥国 
(建日向日豊久士比泥別)
  異名は「建日に向かい、日豊かなる、クシヒの泥(根)わけ」と読む。これが邪馬台国。女王国連盟21カ国の総称ととってもよい。
  建日とはクマソ国のことで、倭人伝の書き方から見ればクマソはクマソでもソ人を除外したクマ人すなわち狗奴国のこと。従って「建日に向かい」とは狗奴国と向かい合っているということである。隣接している、あるいは対立しているという解釈もできる。
  日豊かとは、「赫々たる」といった形容の当てはまるような王としての資質が極めて高いということだろう。
  クシヒは奇日とも書き、大王の意味である。そのネワケとは上の「大倭」の王、すなわち大陸殷王朝由来、半島経由の「辰王王権」の強い影響下にあったということを表現したものだろう。
 熊曽国
  (建日別)
 狗奴国(後世の肥後国)と投馬国(のちの古日向国)を併せた南九州国家。どちらも超弩級のカルデラ火山帯を持つという共通点がある。
 私見では投馬国のタギシミミ(船舵王)こそが神武で、東征によって大和に最初の王権を樹立したとする。



   邪馬台国は九州島の中で滅んだ

 泰始2(266)年、魏王朝を滅ぼして新たに晋王朝を樹てた武帝こと司馬炎のもとに倭人が来て封禅の儀を祝ったというが、これを筆者は女王トヨの朝貢と考える。魏から金印紫綬を受けた国でありながら、その魏を倒した晋に貢献するとは一見考えにくいがことだが、実はこの直前に「大倭」東征が敢行されたと見たい。そうなると女王国は大きな後ろ盾を失うことになる。南の狗奴国はそれを待っていましたとばかり、北進してくるに違いない。

 背に腹は代えられなかったのだろう、トヨは晋の介入を期待して遣使した。だが、ついにそれは叶えられず、狗奴国の進攻を許してしまう。その結果、トヨは東に逃れトヨ国の樹立に到ったのだろう。宇佐神宮の元宮に祭られており、今も本宮社殿に祭られている「比売大神」を筆者はトヨその人と考えている。

 狗奴国は八女の邪馬台国を足がかりに、「大倭」東征後の主なき九州北部まで版図を広げている。そのことを描いたのが「仲哀紀」の熊襲であり、具体的な名として出てくる崗縣主「熊鰐」(遠賀川河口地帯)や「羽白熊鷲」(層増岐野=そそきの=筑紫野市周辺)であろう。
 
 さて「大倭」東征(祟神東征)によって奈良県中央が「大倭」となり、やがて「やまと」とよばれ、さらに漢字も「大和」へと変化して今日の「大和(やまと)地方」があるわけだが、では最初の中央王権である投馬国タギシミミ王統はどうなったであろうか。当然、滅ぼされたのであるが、その最後の王は誰かというと「武埴安彦の叛乱」(祟神十年条)の首謀者・タケハニヤスヒコだろう。

 「武」は「建日別」の「建」と同義であるし、妻の名が南九州を思わせる「吾田ヒメ」である。そして叛乱の兆候とされた吾田ヒメが香具山の土を採取して「これ、倭(やまと)国の物実(ものざね)」と言って持ち帰ったと言う行為――これはまさに神武東征で椎根津彦が天香具山の土を採取し、その土で八十平カ(やそひらか。カは分に瓦)を造って王権創立の可否を占った(神武即位前紀)のと同じで、ここに共通の南九州の風土性を感じ取ることができるのである。

     おわりに

 魏志倭人伝は2〜3世紀の九州島の様子をかなり表現してくれている。考古学的には弥生時代末期に近い後半の頃だが、この時代は同時に列島の統一王権たる大和王権確立の前夜の時代でもあった。
 そういう目で魏志倭人伝をたどり、記紀の記事をつき合わせてみた結果が上の記述である。

 ただ統一王権と言っても律令制制定以降の中央集権的王権をイメージしてはならない。また記紀の書きぶりには編纂時代(天武時代=7世紀後半)の強烈な単一王権志向というバイアスがかけられているということを常に念頭に置きながら、それらの記事を吟味する必要があることは言うまでもない。

                                              鴨着く島にようこそへ